ja/Microsoft.SqlServer.Management.PSSnapins.dll-Help.xml

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
719
720
721
722
723
724
725
726
727
728
729
730
731
732
733
734
735
736
737
738
739
740
741
742
743
744
745
746
747
748
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
791
792
793
794
795
796
797
798
799
800
801
802
803
804
805
806
807
808
809
810
811
812
813
814
815
816
817
818
819
820
821
822
823
824
825
826
827
828
829
830
831
832
833
834
835
836
837
838
839
840
841
842
843
844
845
846
847
848
849
850
851
852
853
854
855
856
857
858
859
860
861
862
863
864
865
866
867
868
869
870
871
872
873
874
875
876
877
878
879
880
881
882
883
884
885
886
887
888
889
890
891
892
893
894
895
896
897
898
899
900
901
902
903
904
905
906
907
908
909
910
911
912
913
914
915
916
917
918
919
920
921
922
923
924
925
926
927
928
929
930
931
932
933
934
935
936
937
938
939
940
941
942
943
944
945
946
947
948
949
950
951
952
953
954
955
956
957
958
959
960
961
962
963
964
965
966
967
968
969
970
971
972
973
974
975
976
977
978
979
980
981
982
983
984
985
986
987
988
989
990
991
992
993
994
995
996
997
998
999
1000
1001
1002
1003
1004
1005
1006
1007
1008
1009
1010
1011
1012
1013
1014
1015
1016
1017
1018
1019
1020
1021
1022
1023
1024
1025
1026
1027
1028
1029
1030
1031
1032
1033
1034
1035
1036
1037
1038
1039
1040
1041
1042
1043
1044
1045
1046
1047
1048
1049
1050
1051
1052
1053
1054
1055
1056
1057
1058
1059
1060
1061
1062
1063
1064
1065
1066
1067
1068
1069
1070
1071
1072
1073
1074
1075
1076
1077
1078
1079
1080
1081
1082
1083
1084
1085
1086
1087
1088
1089
1090
1091
1092
1093
1094
1095
1096
1097
1098
1099
1100
1101
1102
1103
1104
1105
1106
1107
1108
1109
1110
1111
1112
1113
1114
1115
1116
1117
1118
1119
1120
1121
1122
1123
1124
1125
1126
1127
1128
1129
1130
1131
1132
1133
1134
1135
1136
1137
1138
1139
1140
1141
1142
1143
1144
1145
1146
1147
1148
1149
1150
1151
1152
1153
1154
1155
1156
1157
1158
1159
1160
1161
1162
1163
1164
1165
1166
1167
1168
1169
1170
1171
1172
1173
1174
1175
1176
1177
1178
1179
1180
1181
1182
1183
1184
1185
1186
1187
1188
1189
1190
1191
1192
1193
1194
1195
1196
1197
1198
1199
1200
1201
1202
1203
1204
1205
1206
1207
1208
1209
1210
1211
1212
1213
1214
1215
1216
1217
1218
1219
1220
1221
1222
1223
1224
1225
1226
1227
1228
1229
1230
1231
1232
1233
1234
1235
1236
1237
1238
1239
1240
1241
1242
1243
1244
1245
1246
1247
1248
1249
1250
1251
1252
1253
1254
1255
1256
1257
1258
1259
1260
1261
1262
1263
1264
1265
1266
1267
1268
1269
1270
1271
1272
1273
1274
1275
1276
1277
1278
1279
1280
1281
1282
1283
1284
1285
1286
1287
1288
1289
1290
1291
1292
1293
1294
1295
1296
1297
1298
1299
1300
1301
1302
1303
1304
1305
1306
1307
1308
1309
1310
1311
1312
1313
1314
1315
1316
1317
1318
1319
1320
1321
1322
1323
1324
1325
1326
1327
1328
1329
1330
1331
1332
1333
1334
1335
1336
1337
1338
1339
1340
1341
1342
1343
1344
1345
1346
1347
1348
1349
1350
1351
1352
1353
1354
1355
1356
1357
1358
1359
1360
1361
1362
1363
1364
1365
1366
1367
1368
1369
1370
1371
1372
1373
1374
1375
1376
1377
1378
1379
1380
1381
1382
1383
1384
1385
1386
1387
1388
1389
1390
1391
1392
1393
1394
1395
1396
1397
1398
1399
1400
1401
1402
1403
1404
1405
1406
1407
1408
1409
1410
1411
1412
1413
1414
1415
1416
1417
1418
1419
1420
1421
1422
1423
1424
1425
1426
1427
1428
1429
1430
1431
1432
1433
1434
1435
1436
1437
1438
1439
1440
1441
1442
1443
1444
1445
1446
1447
1448
1449
1450
1451
1452
1453
1454
1455
1456
1457
1458
1459
1460
1461
1462
1463
1464
1465
1466
1467
1468
1469
1470
1471
1472
1473
1474
1475
1476
1477
1478
1479
1480
1481
1482
1483
1484
1485
1486
1487
1488
1489
1490
1491
1492
1493
1494
1495
1496
1497
1498
1499
1500
1501
1502
1503
1504
1505
1506
1507
1508
1509
1510
1511
1512
1513
1514
1515
1516
1517
1518
1519
1520
1521
1522
1523
1524
1525
1526
1527
1528
1529
1530
1531
1532
1533
1534
1535
1536
1537
1538
1539
1540
1541
1542
1543
1544
1545
1546
1547
1548
1549
1550
1551
1552
1553
1554
1555
1556
1557
1558
1559
1560
1561
1562
1563
1564
1565
1566
1567
1568
1569
1570
1571
1572
1573
1574
1575
1576
1577
1578
1579
1580
1581
1582
1583
1584
1585
1586
1587
1588
1589
1590
1591
1592
1593
1594
1595
1596
1597
1598
1599
1600
1601
1602
1603
1604
1605
1606
1607
1608
1609
1610
1611
1612
1613
1614
1615
1616
1617
1618
1619
1620
1621
1622
1623
1624
1625
1626
1627
1628
1629
1630
1631
1632
1633
1634
1635
1636
1637
1638
1639
1640
1641
1642
1643
1644
1645
1646
1647
1648
1649
1650
1651
1652
1653
1654
1655
1656
1657
1658
1659
1660
1661
1662
1663
1664
1665
1666
1667
1668
1669
1670
1671
1672
1673
1674
1675
1676
1677
1678
1679
1680
1681
1682
1683
1684
1685
1686
1687
1688
1689
1690
1691
1692
1693
1694
1695
1696
1697
1698
1699
1700
1701
1702
1703
1704
1705
1706
1707
1708
1709
1710
1711
1712
1713
1714
1715
1716
1717
1718
1719
1720
1721
1722
1723
1724
1725
1726
1727
1728
1729
1730
1731
1732
1733
1734
1735
1736
1737
1738
1739
1740
1741
1742
1743
1744
1745
1746
1747
1748
1749
1750
1751
1752
1753
1754
1755
1756
1757
1758
1759
1760
1761
1762
1763
1764
1765
1766
1767
1768
1769
1770
1771
1772
1773
1774
1775
1776
1777
1778
1779
1780
1781
1782
1783
1784
1785
1786
1787
1788
1789
1790
1791
1792
1793
1794
1795
1796
1797
1798
1799
1800
1801
1802
1803
1804
1805
1806
1807
1808
1809
1810
1811
1812
1813
1814
1815
1816
1817
1818
1819
1820
1821
1822
1823
1824
1825
1826
1827
1828
1829
1830
1831
1832
1833
1834
1835
1836
1837
1838
1839
1840
1841
1842
1843
1844
1845
1846
1847
1848
1849
1850
1851
1852
1853
1854
1855
1856
1857
1858
1859
1860
1861
1862
1863
1864
1865
1866
1867
1868
1869
1870
1871
1872
1873
1874
1875
1876
1877
1878
1879
1880
1881
1882
1883
1884
1885
1886
1887
1888
1889
1890
1891
1892
1893
1894
1895
1896
1897
1898
1899
1900
1901
1902
1903
1904
1905
1906
1907
1908
1909
1910
1911
1912
1913
1914
1915
1916
1917
1918
1919
1920
1921
1922
1923
1924
1925
1926
1927
1928
1929
1930
1931
1932
1933
1934
1935
1936
1937
1938
1939
1940
1941
1942
1943
1944
1945
1946
1947
1948
1949
1950
1951
1952
1953
1954
1955
1956
1957
1958
1959
1960
1961
1962
1963
1964
1965
1966
1967
1968
1969
1970
1971
1972
1973
1974
1975
1976
1977
1978
1979
1980
1981
1982
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1990
1991
1992
1993
1994
1995
1996
1997
1998
1999
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
2023
2024
2025
2026
2027
2028
2029
2030
2031
2032
2033
2034
2035
2036
2037
2038
2039
2040
2041
2042
2043
2044
2045
2046
2047
2048
2049
2050
2051
2052
2053
2054
2055
2056
2057
2058
2059
2060
2061
2062
2063
2064
2065
2066
2067
2068
2069
2070
2071
2072
2073
2074
2075
2076
2077
2078
2079
2080
2081
2082
2083
2084
2085
2086
2087
2088
2089
2090
2091
2092
2093
2094
2095
2096
2097
2098
2099
2100
2101
2102
2103
2104
2105
2106
2107
2108
2109
2110
2111
2112
2113
2114
2115
2116
2117
2118
2119
2120
2121
2122
2123
2124
2125
2126
2127
2128
2129
2130
2131
2132
2133
2134
2135
2136
2137
2138
2139
2140
2141
2142
2143
2144
2145
2146
2147
2148
2149
2150
2151
2152
2153
2154
2155
2156
2157
2158
2159
2160
2161
2162
2163
2164
2165
2166
2167
2168
2169
2170
2171
2172
2173
2174
2175
2176
2177
2178
2179
2180
2181
2182
2183
2184
2185
2186
2187
2188
2189
2190
2191
2192
2193
2194
2195
2196
2197
2198
2199
2200
2201
2202
2203
2204
2205
2206
2207
2208
2209
2210
2211
2212
2213
2214
2215
2216
2217
2218
2219
2220
2221
2222
2223
2224
2225
2226
2227
2228
2229
2230
2231
2232
2233
2234
2235
2236
2237
2238
2239
2240
2241
2242
2243
2244
2245
2246
2247
2248
2249
2250
2251
2252
2253
2254
2255
2256
2257
2258
2259
2260
2261
2262
2263
2264
2265
2266
2267
2268
2269
2270
2271
2272
2273
2274
2275
2276
2277
2278
2279
2280
2281
2282
2283
2284
2285
2286
2287
2288
2289
2290
2291
2292
2293
2294
2295
2296
2297
2298
2299
2300
2301
2302
2303
2304
2305
2306
2307
2308
2309
2310
2311
2312
2313
2314
2315
2316
2317
2318
2319
2320
2321
2322
2323
2324
2325
2326
2327
2328
2329
2330
2331
2332
2333
2334
2335
2336
2337
2338
2339
2340
2341
2342
2343
2344
2345
2346
2347
2348
2349
2350
2351
2352
2353
2354
2355
2356
2357
2358
2359
2360
2361
2362
2363
2364
2365
2366
2367
2368
2369
2370
2371
2372
2373
2374
2375
2376
2377
2378
2379
2380
2381
2382
2383
2384
2385
2386
2387
2388
2389
2390
2391
2392
2393
2394
2395
2396
2397
2398
2399
2400
2401
2402
2403
2404
2405
2406
2407
2408
2409
2410
2411
2412
2413
2414
2415
2416
2417
2418
2419
2420
2421
2422
2423
2424
2425
2426
2427
2428
2429
2430
2431
2432
2433
2434
2435
2436
2437
2438
2439
2440
2441
2442
2443
2444
2445
2446
2447
2448
2449
2450
2451
2452
2453
2454
2455
2456
2457
2458
2459
2460
2461
2462
2463
2464
2465
2466
2467
2468
2469
2470
2471
2472
2473
2474
2475
2476
2477
2478
2479
2480
2481
2482
2483
2484
2485
2486
2487
2488
2489
2490
2491
2492
2493
2494
2495
2496
2497
2498
2499
2500
2501
2502
2503
2504
2505
2506
2507
2508
2509
2510
2511
2512
2513
2514
2515
2516
2517
2518
2519
2520
2521
2522
2523
2524
2525
2526
2527
2528
2529
2530
2531
2532
2533
2534
2535
2536
2537
2538
2539
2540
2541
2542
2543
2544
2545
2546
2547
2548
2549
2550
2551
2552
2553
2554
2555
2556
2557
2558
2559
2560
2561
2562
2563
2564
2565
2566
2567
2568
2569
2570
2571
2572
2573
2574
2575
2576
2577
2578
2579
2580
2581
2582
2583
2584
2585
2586
2587
2588
2589
2590
2591
2592
2593
2594
2595
2596
2597
2598
2599
2600
2601
2602
2603
2604
2605
2606
2607
2608
2609
2610
2611
2612
2613
2614
2615
2616
2617
2618
2619
2620
2621
2622
2623
2624
2625
2626
2627
2628
2629
2630
2631
2632
2633
2634
2635
2636
2637
2638
2639
2640
2641
2642
2643
2644
2645
2646
2647
2648
2649
2650
2651
2652
2653
2654
2655
2656
2657
2658
2659
2660
2661
2662
2663
2664
2665
2666
2667
2668
2669
2670
2671
2672
2673
2674
2675
2676
2677
2678
2679
2680
2681
2682
2683
2684
2685
2686
2687
2688
2689
2690
2691
2692
2693
2694
2695
2696
2697
2698
2699
2700
2701
2702
2703
2704
2705
2706
2707
2708
2709
2710
2711
2712
2713
2714
2715
2716
2717
2718
2719
2720
2721
2722
2723
2724
2725
2726
2727
2728
2729
2730
2731
2732
2733
2734
2735
2736
2737
2738
2739
2740
2741
2742
2743
2744
2745
2746
2747
2748
2749
2750
2751
2752
2753
2754
2755
2756
2757
2758
2759
2760
2761
2762
2763
2764
2765
2766
2767
2768
2769
2770
2771
2772
2773
2774
2775
2776
2777
2778
2779
2780
2781
2782
2783
2784
2785
2786
2787
2788
2789
2790
2791
2792
2793
2794
2795
2796
2797
2798
2799
2800
2801
2802
2803
2804
2805
2806
2807
2808
2809
2810
2811
2812
2813
2814
2815
2816
2817
2818
2819
2820
2821
2822
2823
2824
2825
2826
2827
2828
2829
2830
2831
2832
2833
2834
2835
2836
2837
2838
2839
2840
2841
2842
2843
2844
2845
2846
2847
2848
2849
2850
2851
2852
2853
2854
2855
2856
2857
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
 
<helpItems xmlns="http://msh" schema="maml">
<command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Add-SqlAvailabilityDatabase</command:name><maml:description><maml:para>InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性グループに 1 つ以上のプライマリ データベースを追加するか、1 つ以上のセカンダリ データベースを参加させます。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Add</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Add-SqlAvailabilityDatabase コマンドレットは、InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性グループに 1 つ以上のプライマリ データベースを追加するか、1 つ以上のセカンダリ データベースを参加させます。
</maml:para><maml:para>1 つ以上のデータベースを可用性グループに追加するには、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでこのコマンドレットを実行し、1 つ以上のローカル ユーザー データベースを指定します。
</maml:para><maml:para>セカンダリ データベースを可用性グループに参加させるには、セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンス上でセカンダリ データベースを手動で準備し、セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでこのコマンドレットを実行します。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>Path パラメーターまたは InputObject パラメーターで指定された可用性グループに追加または参加させる 1 つ以上のユーザー データベースの配列を指定します。これらのデータベースは、SQL Server のローカル インスタンス上にある必要があります。指定されたデータベースが所属できる可用性グループは 1 つだけです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの追加先または参加先となる可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>Path パラメーターまたは InputObject パラメーターで指定された可用性グループに追加または参加させる 1 つ以上のユーザー データベースの配列を指定します。これらのデータベースは、SQL Server のローカル インスタンス上にある必要があります。指定されたデータベースが所属できる可用性グループは 1 つだけです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>Path パラメーターまたは InputObject パラメーターで指定された可用性グループに追加または参加させる 1 つ以上のユーザー データベースの配列を指定します。これらのデータベースは、SQL Server のローカル インスタンス上にある必要があります。指定されたデータベースが所属できる可用性グループは 1 つだけです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの追加先または参加先となる可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroup</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Add-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAG -Database "MyDatabase"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性グループ "MyAG" にデータベース "MyDatabase" を追加します。このコマンドは、可用性グループのプライマリ サーバー インスタンスで実行する必要があります。このコマンドでデータの同期のためにセカンダリ データベースが準備されることはありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Add-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\SQL\SecondaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAG -Database "MyDatabase"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、セカンダリ レプリカをホストするいずれかのサーバー インスタンスで可用性グループ "MyAG" にセカンダリ データベース "MyDatabase" を参加させます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$DatabaseBackupFile = "\\share\backups\MyDatabase.bak"
$LogBackupFile = "\\share\backups\MyDatabase.trn"
$MyAgPrimaryPath = "SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg"
$MyAgSecondaryPath = "SQLSERVER:\SQL\SecondaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg"
 
Backup-SqlDatabase -Database "MyDatabase" -BackupFile $DatabaseBackupFile -ServerInstance "PrimaryServer\InstanceName"
Backup-SqlDatabase -Database "MyDatabase" -BackupFile $LogBackupFile -ServerInstance "PrimaryServer\InstanceName" -BackupAction 'Log'
Restore-SqlDatabase -Database "MyDatabase" -BackupFile $DatabaseBackupFile -ServerInstance "SecondaryServer\InstanceName" -NoRecovery
Restore-SqlDatabase -Database "MyDatabase" -BackupFile $LogBackupFile -ServerInstance "SecondaryServer\InstanceName" -RestoreAction 'Log' -NoRecovery
 
Add-SqlAvailabilityDatabase -Path $MyAgPrimaryPath -Database "MyDatabase"
Add-SqlAvailabilityDatabase -Path $MyAgSecondaryPath -Database "MyDatabase"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、可用性グループのプライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンス上のデータベースからセカンダリ データベースを準備し、そのデータベースを (プライマリ データベースとして) 可用性グループに追加した後、セカンダリ データベースを可用性グループに参加させるすべての処理を示しています。最初に、データベースとトランザクション ログをバックアップします。次に、セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスにデータベースとログのバックアップを復元します。この例では、Add-SqlAvailabilityDatabase を 2 回呼び出します。1 回目はデータベースを可用性グループに追加するためにプライマリ レプリカで呼び出し、2 回目はセカンダリ レプリカ上のセカンダリ データベースを可用性グループに参加させるためにセカンダリ レプリカで呼び出します。セカンダリ レプリカが複数ある場合は、それぞれのセカンダリ データベースを復元して参加させます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Add-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAG -Database "MyDatabase" -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性グループ "MyAG" にデータベース "MyDatabase" を追加する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Adding a Database to an Availability Group (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Joining a Secondary Replica to an Availability Group (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Specifying the Endpoint URL for an Availability Replica (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp</command:name><maml:description><maml:para>既存の可用性グループ リスナー構成に静的 IP アドレスを追加します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Add</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp コマンドレットは、既存の可用性グループ リスナー構成に静的 IP アドレスを追加します。パラメーターとして、AvailabilityGroupListener、パス、および静的 IP アドレスを受け取ります。IP アドレスには、サブネットを含む IPv4 アドレス、または IPv6 アドレスを指定できます。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーに追加する静的 IP アドレスです。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.1.1/255.255.255.0 など) または IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>IP アドレスの追加先となるリスナーの AvailabilityGroupListener オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーに追加する静的 IP アドレスです。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.1.1/255.255.255.0 など) または IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>IP アドレスの追加先となるリスナーの AvailabilityGroupListener オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーに追加する静的 IP アドレスです。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.1.1/255.255.255.0 など) または IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroupListener</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$path = "SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityGroupListeners\MyListener"
Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp -Path $path -StaticIp "2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" に静的 IPv4 アドレスを追加します。この IPv4 アドレスは、サブネット 255.255.252.0 でリスナーの仮想 IP アドレスとして機能します。可用性グループが複数のサブネットにまたがっている場合は、各サブネットの静的 IP アドレスをリスナーに追加する必要があります。Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp コマンドは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$path = "SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityGroupListeners\MyListener"
Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp -Path $path -StaticIp "2001:0db8:85a3:0000:0000:8a2e:0370:7334"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性グループ "MyAg" のリスナー "MyListener" に静的 IPv6 アドレスを追加します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$path = "SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityGroupListeners\MyListener"
Add-SqlAvailabilityGroupListenerStaticIp -Path $path -StaticIp "192.168.0.1/255.255.255.0" -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性グループ "MyAg" のリスナー "MyListener" に静的 IPv4 アドレスを追加する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Add-SqlFirewallRule</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server の特定のインスタンスへの接続を許可するように、Windows ファイアウォール ルールを追加します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Add</command:verb><command:noun>SqlFirewallRule</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>SQL Server の指定したインスタンスに対する接続を許可するように、Windows ファイアウォール ルールを追加します。</maml:para><maml:para>SQL Server クラウド アダプターが、SQL Server のインスタンスをホストするコンピューターで実行され、アクセス可能である必要があります。</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、次の操作モードがサポートされています。</maml:para><maml:para>1.インスタンスの PowerShell パスを指定する。</maml:para><maml:para>2.サーバー オブジェクトを指定する。</maml:para><maml:para>3.SQL Server のターゲット インスタンスの ServerInstance を指定する。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Add-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;CD SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance;
Add-SqlFirewallRule  -Credential $credential -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、このコンピューターで SQL Server のインスタンス "Instance" への接続を許可するように、コンピューター "Computer" の Windows ファイアウォール ルールを追加します。現在の作業ディレクトリを使用して、操作が実行されるサーバー インスタンスを確認します。対象コンピューターの自己署名証明書は、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れられます。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>This command retrieves all instances of SQL Server on the machine ‘MachineName’ and adds Windows Firewall rules to allow connections for each one of them. The self-signed certificate of the target machine will be automatically accepted without prompting the user.
PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName "MachineName" | Add-SqlFirewallRule  -Credential $credential -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para></maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Backup-SqlDatabase</command:name><maml:description><maml:para>Backup-SqlDatabase コマンドレットにより、SQL Server データベースでバックアップ操作が実行されます。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Backup</command:verb><command:noun>SqlDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Backup-SqlDatabase コマンドレットにより、SQL Server データベースでバックアップ操作が実行されます。これには、データベースの完全バックアップ、トランザクション ログのバックアップ、およびデータベース ファイルのバックアップが含まれます。このコマンドレットは、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Backup クラスを基に作成されています。このクラスのパラメーターは、通常、この Smo オブジェクトのプロパティに対応しています。
</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、サーバー インスタンス上で指定された名前のデータベースをバックアップする、4 つの操作モードをサポートしています。
</maml:para><maml:para>1.サーバー インスタンスのパスを -Path パラメーターに渡し、データベース名を -Database パラメーターに渡します。
</maml:para><maml:para>2.Smo.Server オブジェクトを -InputObject パラメーターに直接またはパイプラインを使用して渡し、データベース名を -Database パラメーターに渡します。
</maml:para><maml:para>3.サーバー インスタンスの名前を -ServerInstance パラメーターに渡し、データベース名を -Database パラメーターに渡します。
</maml:para><maml:para>4.Smo.Database オブジェクトを -DatabaseObject パラメーターに直接またはパイプラインを使用して渡します。
</maml:para><maml:para>既定では、コマンドレットはデータベースの完全バックアップを実行します。-BackupAction パラメーターを指定することで、バックアップの種類を設定できます。
</maml:para><maml:para>バックアップ ファイルは、既定で、完全バックアップやファイル バックアップの場合は "databasename.bak"、ログ バックアップの場合は "databasename.trn" という名前で、サーバーの既定のバックアップ場所に格納されます。
</maml:para><maml:para>-BackupFile パラメーターを指定することで、バックアップ ファイルの場所とファイル名を設定できます。バックアップ ファイルの場所と名前の両方を含む完全修飾名を指定するには、-BackupFile パラメーターを使用します。
</maml:para><maml:para>バックアップ ファイルの場所を設定するには、BackupContainer パラメーターを使用します。この場合、バックアップ ファイルの名前自体は自動生成されます。バックアップ ファイルの場所のみを指定するには、BackupContainer パラメーターを使用してください。詳細については、BackupContainer パラメーターの説明を参照してください。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Backup-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップするデータベースの名前です。-Database パラメーターは、-DatabaseObject パラメーターと共に使用できません。-Database
</maml:para><maml:para>パラメーターを指定したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Backup-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>DatabaseObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベース オブジェクトです。バックアップ操作は、このデータベースで実行されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Database</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Backup-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップするデータベースの名前です。-Database パラメーターは、-DatabaseObject パラメーターと共に使用できません。-Database
</maml:para><maml:para>パラメーターを指定したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、サーバーの接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行権限を持つ SQL Server ログインに資格情報を指定するために使用される PSCredential オブジェクトです。
 
これは、SQL Server の外部のリソースにアクセスする際に SQL Server が内部で使用する認証情報を格納するための SQL 資格情報オブジェクトとは異なります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。このサーバー インスタンスが、バックアップ操作の対象となります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Backup-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップするデータベースの名前です。-Database パラメーターは、-DatabaseObject パラメーターと共に使用できません。-Database
</maml:para><maml:para>パラメーターを指定したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップを実行する必要がある場所の Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Backup-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行するバックアップ操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、または Log です。オプションの詳細は次のとおりです。
</maml:para><maml:para>Database: データベース内のすべてのデータ ファイルをバックアップします。
</maml:para><maml:para>Files: 指定されたデータ ファイルをバックアップします。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログをバックアップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupActionType</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupActionType</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.BackupActionType.Database</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupContainer</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるフォルダーまたは場所です。これは、ディスク上のフォルダーまたは Windows Azure BLOB コンテナーの URL です。このパラメーターは、特定のインスタンスの複数のデータベースをバックアップする場合に便利です。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。BackupContainer パラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。
</maml:para><maml:para>注: 場所を指定するために使用するパスは、スラッシュ (/) で終わる必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupDeviceItem[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの場所とファイル名。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、完全バックアップおよびファイル バックアップでは "databasename.bak"、ログ バックアップでは "databasename.trn" という名前でバックアップが格納されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターまたは BackupContainer パラメーターと共に使用できません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupSetName</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CompressionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の圧縮オプションです。指定できるオプションは、Default、On、および Off です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupCompressionOptions</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupCompressionOptions</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.BackupCompressionOptions.Default</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、サーバーの接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>CopyOnly</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップがコピーのみのバックアップになります。コピーのみのバックアップは、定期的に行われる従来のバックアップの一連の作業には影響しません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行権限を持つ SQL Server ログインに資格情報を指定するために使用される PSCredential オブジェクトです。
 
これは、SQL Server の外部のリソースにアクセスする際に SQL Server が内部で使用する認証情報を格納するための SQL 資格情報オブジェクトとは異なります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップするデータベースの名前です。-Database パラメーターは、-DatabaseObject パラメーターと共に使用できません。-Database
</maml:para><maml:para>パラメーターを指定したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップする 1 つ以上のデータベース ファイルです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の対象となるデータベース ファイル グループです。BackupAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。BackupAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>DatabaseObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベース オブジェクトです。バックアップ操作は、このデータベースで実行されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Database</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Database</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionOption</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の暗号化オプションです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionOptions</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupEncryptionOptions</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ExpirationDate</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットの有効期限が切れ、バックアップ データが有効と見なされなくなる日時です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。有効期限を過ぎた古いバックアップ セットは、後のバックアップで上書きできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">DateTime</command:parameterValue><dev:type><maml:name>DateTime</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>System.DateTime.MinValue</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FormatMedia</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作の最初の手順としてテープをフォーマットします。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Incremental</maml:name><maml:description><maml:para>差分バックアップを実行します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Initialize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に関連付けられているデバイスを初期化します。メディア上の既存のバックアップ セットを上書きすると、このバックアップはそのメディアでの最初のバックアップ セットになります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップを実行する必要がある場所の Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>LogTruncationType</maml:name><maml:description><maml:para>ログ バックアップの切り捨ての動作です。指定できるオプションは TruncateOnly、NoTruncate、または Truncate です。既定では Truncate に設定されています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupTruncateLogType</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupTruncateLogType</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.BackupTruncateLogType.Truncate</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaDescription</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを含むメディアの説明です (省略可)。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>メディア セットの識別に使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MirrorDevices</maml:name><maml:description><maml:para>ミラー化されたバックアップで使用される BackupDeviceList オブジェクトの配列を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceList[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupDeviceList[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、ログの末尾がバックアップされません。データベースを復元しても、復元中の状態のままになります。このパラメーターを設定しないと、ログの末尾がバックアップされます。-BackupAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターを設定すると、バックアップを実行した Smo Backup オブジェクトが出力されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了したバックアップ操作の処理を続行します。このパラメーターを設定しない場合 (既定値)、中断されたバックアップ操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetainDays</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ セットを上書きできるようになるまでの日数です。ディスクまたはテープ デバイスに格納されたバックアップ データに対してのみ使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>-1</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。このサーバー インスタンスが、バックアップ操作の対象となります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SkipTapeHeader</maml:name><maml:description><maml:para>テープ ヘッダーの読み取りをスキップします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 資格情報オブジェクトには、認証情報が格納されます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合の必須パラメーターです。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。SQL Server 資格情報の名前を指定することも、パイプラインを通じてオブジェクトを渡すこともできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UndoFileName</maml:name><maml:description><maml:para>復旧中にロールバックされるコミットされていないトランザクションの格納に使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の終了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップまたは URL バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>SMO.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
バックアップ操作を実行する SQL Server のインスタンスを参照する SMO.Server オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" の既定のバックアップ場所に、データベース "MyDB" のデータベース全体のバックアップを作成します。バックアップ ファイルの名前は "MyDB.bak" になります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;cd SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance
Backup-SqlDatabase -Database MyDB
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" の既定のバックアップ場所に、データベース "MyDB" のデータベース全体のバックアップを作成します。現在の作業ディレクトリを使用して、バックアップが実行されるサーバー インスタンスを確認します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupAction Log
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" の既定のバックアップ場所に、データベース "MyDB" のトランザクション ログのバックアップを作成します。バックアップ ファイル名は "MyDB.trn" になります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -Credential (Get-Credential sa)
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、sa SQL Server ログインを使用して、データベース "MyDB" のデータベース全体のバックアップを作成します。このコマンドは、SQL Server 認証を行うためのパスワードの入力を要求します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile \\share\folder\MyDB.bak
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、ファイル "\\share\folder\MyDB.bak" にデータベース "MyDB" のデータベース全体のバックアップを作成します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 6 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Get-ChildItem SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Databases | Backup-SqlDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" 上のすべてのデータベースを既定のバックアップの場所にバックアップします。バックアップ ファイル名は "&lt;database name&gt;.bak" になります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 7 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;cd SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Databases
foreach($database in (Get-ChildItem))
{
$dbName = $database.Name
Backup-SqlDatabase -Database $dbName -BackupFile "\\share\folder\$dbName.bak"
}
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このスクリプトでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" 上の各データベースの完全バックアップを共有 "\\share\folder" に作成します。バックアップ ファイル名は "&lt;database name&gt;.bak" になります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 8 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupAction Files -DatabaseFileGroup "FileGroup1","FileGroup2"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、セカンダリ ファイル グループ "FileGroup1" と "FileGroup2" 内のすべてのファイルについて、完全ファイル バックアップを作成します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 9 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -Incremental
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" の既定のバックアップ場所に、データベース "MyDB" の差分バックアップを作成します。バックアップ ファイル名は "MyDB.bak" になります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 10 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$tapeDevice = New-Object Microsoft.Sqlserver.Management.Smo.BackupDeviceItem("\\.\tape0", "Tape")
Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupDevice $tapeDevice
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、テープ デバイス "\\.\tape0" にデータベース "MyDB" の完全バックアップを作成します。このコマンドでは、このデバイスを表すために、Microsoft.Sqlserver.Management.Smo.BackupDeviceItem のインスタンスを作成しています。このコンストラクターは、バックアップ デバイスの名前 ("\\.\tape0") とバックアップ デバイスの種類 ("Tape") を指定する 2 つの引数を受け取ります。この BackupDeviceItem オブジェクトが Backup-SqlDatabase コマンドレットの -BackupDevice パラメーターに渡されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 11 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Backup-SqlDatabase –ServerInstance Computer\Instance –Database –MyDB -BackupContainer "https://storageaccountname.blob.core.windows.net/containername" -SqlCredential "SQLCredentialName"
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、Windows Azure BLOB ストレージ サービスにデータベース "MyDB" の完全バックアップを作成します。これは BackupContainer を使用して Windows Azure BLOB コンテナーの場所 (URL) を指定します。また、バックアップ ファイルの名前は自動生成されます。認証情報を格納する SQL Server 資格情報の名前を指定するには、SqlCredential パラメーターを使用します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 12 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Backup-SqlDatabase –ServerInstance Computer\Instance –Database –MyDB -BackupFile "https://storageaccountname.blob.core.windows.net/containername/MyDB.bak" -SqlCredential "SQLCredentialName"
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、Windows Azure BLOB ストレージ サービスにデータベース "MyDB" の完全バックアップを作成します。これは、BackupFile パラメーターを使用して場所 (URL) とバックアップ ファイル名を指定します。SQL Server 資格情報の名前を指定するには、SqlCredential パラメーターを使用します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 13 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Get-ChildItem SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Databases | Backup-SqlDatabase –BackupContainer "https://storageaccountname.blob.core.windows.net/containername" -SqlCredential "SQLCredentialName"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、BackupContainer パラメーターを使用して、サーバー インスタンス "Computer\Instance" 上のすべてのデータベースを Windows Azure BLOB ストレージ サービスの場所にバックアップします。バックアップ ファイル名は自動生成されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 14 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$encryptionOption = New-SqlBackupEncryptionOption -Algorithm Aes256 -EncryptorType ServerCertificate -EncryptorName "BackupCert"
</dev:code><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance . -Database "db1" -BackupFile "db1.bak" -CompressionOption On -EncryptionOption $encryptionOption
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>この例では、暗号化オプションを作成し、それを Backup-SqlDatabase のパラメーター値として使用して暗号化されたバックアップを作成します。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Disable-SqlAlwaysOn</command:name><maml:description><maml:para>Path、InputObject、または ServerInstance パラメーターで指定された SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループ機能を無効にします。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Disable</command:verb><command:noun>SqlAlwaysOn</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Disable-SqlAlwaysOn コマンドレットは、SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループ機能を無効にします。SQL Server サービスの実行中に AlwaysOn 可用性グループを無効にした場合は、変更を完了させるために、データベース エンジン サービスを再起動する必要があります。-Force パラメーターを指定しない限り、サービスを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。キャンセルすると、操作は実行されません。
</maml:para><maml:para>AlwaysOn 可用性グループが既に無効になっている場合、このコマンドレットでは何も実行されません。
</maml:para><maml:para>このコマンドレットはリモート サービスに対して実行できます。このコマンドレットを実行するには、管理者権限が必要です。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Disable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>指定した SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 設定を変更する権限が与えられている Windows 資格情報です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Disable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn 可用性グループ設定を無効にする SQL Server のインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>指定した SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 設定を変更する権限が与えられている Windows 資格情報です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Disable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>指定した SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 設定を変更する権限が与えられている Windows 資格情報です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を無効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>指定した SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 設定を変更する権限が与えられている Windows 資格情報です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn 可用性グループ設定を無効にする SQL Server のインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>False</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を無効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>SMO.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
AlwaysOn を無効にする SQL Server のインスタンスを参照する SMO.Server オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>False</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Disable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを無効にします。このコマンドの場合、サーバー インスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Disable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Force
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを無効にします。-Force オプションにより、確認なしでサーバー インスタンスが再起動されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Disable-SqlAlwaysOn -ServerInstance Computer\Instance
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、"Computer\Instance" という名前の SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを無効にします。このコマンドの場合、インスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Disable-SqlAlwaysOn -ServerInstance Computer\Instance -Credential (Get-Credential DOMAIN\Username)
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、Windows 認証を使用して、"Computer\Instance" という名前の SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを無効にします。指定したアカウント "DOMAIN\Username" のパスワードを入力するように求められます。この変更ではインスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージも表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Disable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -NoServiceRestart
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを無効にします。ただし、インスタンスは再起動されません。変更を有効にするには、このサーバー インスタンスを手動で再起動する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Enable-SqlAlwaysOn</command:name><maml:description><maml:para>Path、InputObject、または ServerInstance パラメーターで指定された SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループ機能を有効にします。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Enable</command:verb><command:noun>SqlAlwaysOn</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Enable-SqlAlwaysOn コマンドレットは、SQL Server のインスタンスの AlwaysOn を有効にします。SQL Server サービスの実行中に AlwaysOn 可用性グループを有効にした場合は、変更を完了させるために、データベース エンジン サービスを再起動する必要があります。-Force パラメーターを指定しない限り、サービスを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。キャンセルすると、操作は実行されません。
</maml:para><maml:para>AlwaysOn 可用性グループが既に有効になっている場合、このコマンドレットでは何も実行されません。
</maml:para><maml:para>このコマンドレットはリモート サービスに対して実行できます。このコマンドレットを実行するには、管理者権限が必要です。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Enable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Enable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn 可用性グループ設定を有効にする SQL Server のインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Enable-SqlAlwaysOn</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Force</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認を求めずにコマンドレットの実行を強制的に続行するには、-Force を指定します。スクリプトの作成を許可するために、このパラメーターを指定しています。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn 可用性グループ設定を有効にする SQL Server のインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server サービスの再起動を促すメッセージを表示しません。変更を有効にするには、手動で SQL Server サービスを再起動する必要があります。このパラメーターを設定した場合、-Force は無視されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>False</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスの名前です。MACHINENAME\INSTANCE という形式で指定する必要があります。リモート サーバーの AlwaysOn 設定を変更する場合は、-Credential パラメーターと一緒に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
AlwaysOn を有効にする SQL Server のインスタンスを参照する SMO.Server オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Enable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを有効にします。この変更ではインスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Enable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Force
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスの AlwaysOn 可用性グループを有効にします。-Force オプションにより、確認なしでサーバー インスタンスが再起動されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Enable-SqlAlwaysOn -ServerInstance Computer\Instance
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"Computer\Instance" という名前の SQL Server のインスタンスで AlwaysOn 可用性グループを有効にします。この変更ではインスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Enable-SqlAlwaysOn -ServerInstance Computer\Instance -Credential (Get-Credential DOMAIN\Username)
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、Windows 認証を使用して、"Computer\Instance" という名前の SQL Server のインスタンスで AlwaysOn 可用性グループを有効にします。指定したアカウントのパスワードを入力するように求められます。この変更ではインスタンスを再起動する必要があり、再起動するかどうかを確認するメッセージも表示されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Enable-SqlAlwaysOn -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -NoServiceRestart
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにある SQL Server のインスタンスで AlwaysOn 可用性グループを有効にします。ただし、インスタンスは再起動されません。変更を有効にするには、このサーバー インスタンスを手動で再起動する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Get-SqlCredential</command:name><maml:description><maml:para>SQL 資格情報オブジェクトを返します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Get</command:verb><command:noun>SqlCredential</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Get-SqlCredential は、SQL 資格情報オブジェクトを返します。
</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、SQL 資格情報の名前を返す、次の操作モードがサポートされます。
 
1.SQL 資格情報の名前とインスタンスのパスを指定する。
 
2.SQL 資格情報の名前とサーバー オブジェクトを指定する。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報が格納されている Server オブジェクト。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報が格納されている Server オブジェクト。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Get-SqlCredential –Name "mycredential"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは資格情報オブジェクトを返します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;
</dev:code><dev:remarks></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Get-SqlDatabase</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスに存在するデータベースごとに、SQL データベース オブジェクトを返します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Get</command:verb><command:noun>SqlDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスに存在するデータベースごとに、SQL データベース オブジェクトを返します。データベースの名前が提供されている場合、コマンドレットはこの特定のデータベース オブジェクトだけを返します。</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、SQL データベース オブジェクトを返す、次の操作モードがサポートされます。</maml:para><maml:para>1.インスタンスの PowerShell パスを指定する。</maml:para><maml:para>2.サーバー オブジェクトを指定する。</maml:para><maml:para>3.SQL Server のターゲット インスタンスの ServerInstance を指定する。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>取得するデータベースの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを生成します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>取得するデータベースの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="3" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、SQL Server の接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを生成します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>取得するデータベースの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを生成します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、SQL Server の接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>取得するデータベースの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを生成します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="3" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;CD SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance;
Get-SqlDatabase -Name "DbName" -Credential $sqlCredential;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" のデータベース "DbName" のデータベース オブジェクトを返します。現在の作業ディレクトリを使用して、操作が実行されるサーバー インスタンスを確認します。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>This command retrieves all instances of SQL Server on the machine ‘MachineName’ and returns all the databases that are present in the instances.
PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName " MachineName" | Get-SqlDatabase -Credential $sqlCredential;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para></maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Get-SqlInstance</command:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターに存在する SQL Server のインスタンスごとに、SQL インスタンス オブジェクトを返します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Get</command:verb><command:noun>SqlInstance</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>対象のコンピューターに存在する SQL Server のインスタンスごとに、SQL インスタンス オブジェクトを返します。SQL Server のインスタンスの名前が提供されている場合、コマンドレットは SQL Server のこの特定のインスタンスだけを返します。</maml:para><maml:para>SQL Server クラウド アダプターが、SQL Server のインスタンスをホストするコンピューターで実行され、アクセス可能である必要があります。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlInstance</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>MachineName</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターの SQL Server の特定のインスタンスを取得するときは、SQL Server のインスタンスの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>MachineName</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターの SQL Server の特定のインスタンスを取得するときは、SQL Server のインスタンスの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName " MachineName" -Name "InstanceName" -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、コンピューター "MachineName" 上の SQL Server インスタンス "InstanceName" を取得します。対象コンピューターの自己署名証明書は、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れられます。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>This command retrieves all instances of SQL Server on the machine ‘MachineName’. The self-signed certificate of the target machine will be automatically accepted without prompting the user.
PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName "MachineName" -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para></maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Get-SqlSmartAdmin</command:name><maml:description><maml:para>SQL Smart Admin オブジェクトとそのプロパティを取得します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Get</command:verb><command:noun>SqlSmartAdmin</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Get-SqlSmartAdmin コマンドレットは、SQL Smart Admin オブジェクトを取得します。Smart Admin オブジェクトには、Windows Azure への SQL Server マネージ バックアップの構成設定が含まれます。このコマンドレットでは、オブジェクトを返す、次の操作モードがサポートされます。
 
 1. –name パラメーターを使用してサーバー インスタンスの名前を渡します。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"computername\instancename" を使用します。
 
 2.SQL Server のインスタンスのパスを -Path パラメーターに渡します。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlSmartAdmin</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。指定しない場合、このパラメーターの値は現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です ("Computer\Instance" の形式)。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。–name パラメーターと –ServerInstance のどちらを使用してもインスタンスの名前を指定できますが、–ServerInstance は Server インスタンス名のパイプライン入力 (SqlInstanceInfo オブジェクト) も受け取ります。SqlInstanceInfo オブジェクトは、Get-SqlInstances コマンドレッドを使用して取得できます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlSmartAdmin</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>Server オブジェクトのインスタンスです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です ("Computer\Instance" の形式)。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。–name パラメーターと –ServerInstance のどちらを使用してもインスタンスの名前を指定できますが、–ServerInstance は Server インスタンス名のパイプライン入力 (SqlInstanceInfo オブジェクト) も受け取ります。SqlInstanceInfo オブジェクトは、Get-SqlInstances コマンドレッドを使用して取得できます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Get-SqlSmartAdmin</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です ("Computer\Instance" の形式)。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。–name パラメーターと –ServerInstance のどちらを使用してもインスタンスの名前を指定できますが、–ServerInstance は Server インスタンス名のパイプライン入力 (SqlInstanceInfo オブジェクト) も受け取ります。SqlInstanceInfo オブジェクトは、Get-SqlInstances コマンドレッドを使用して取得できます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>Server オブジェクトのインスタンスです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です ("Computer\Instance" の形式)。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。指定しない場合、このパラメーターの値は現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。–name パラメーターと –ServerInstance のどちらを使用してもインスタンスの名前を指定できますが、–ServerInstance は Server インスタンス名のパイプライン入力 (SqlInstanceInfo オブジェクト) も受け取ります。SqlInstanceInfo オブジェクトは、Get-SqlInstances コマンドレッドを使用して取得できます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\ PS&gt; cd SQLSERVER:\SQL\Computer\MyInstance
 Get-SqlSmartAdmin
Following is a list of the properties returned by the above command :
BackupEnabled : Shows whether backup is enabled at the instance level.
BackupRetentionPeriodInDays: Displays the number of days for retaining backup files.
CredentialName: Name of the SQL Credential used to authenticate to the Windows Azure storage account.
MasterSwitch: Shows whether the master switch is turned on or off.
Parent: Name of the instance of SQL Server.
Urn: The path of the Smart Admin object.
Properties: list of all the properties including the above.
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、名前付き SQL Server インスタンス "MyInstance" の Smart Admin オブジェクト プロパティを取得します。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Get-SqlSmartAdmin -name “computer\MyInstance”
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、-serverName パラメーターを使用して Smart Admin オブジェクト プロパティを取得します。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Invoke-PolicyEvaluation</command:name><maml:description><maml:para>対象セットに対して SQL Server のポリシー ベースの管理のポリシーを 1 つ以上評価し、セットの準拠レベルを報告するか、セットが準拠するようにします。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Invoke</command:verb><command:noun>PolicyEvaluation</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>対象セットという SQL Server オブジェクトのセットに対し、ポリシー ベースの管理ポリシーを 1 つ以上評価します。ポリシーは、データベース名または照合順序についてサイトの標準を確立するなど、SQL Server オブジェクトに関連付けられているさまざまなプロパティに許容値を指定します。Invoke-PolicyEvaluation をチェック モードで実行すると、対象セット内のオブジェクトの現在のプロパティがポリシーの定義にあるルールに準拠しているかどうかが報告されます。対象セット内のオブジェクトは、そのプロパティがポリシーに準拠していない場合でも再構成されません。構成モードでは、ポリシーの定義に準拠していない、対象セット内のオブジェクトが Invoke-PolicyEvaluation によって再構成されます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Invoke-PolicyEvaluation</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="1" aliases=""><maml:name>Policy</maml:name><maml:description><maml:para>評価する 1 つまたは複数のポリシーを指定します。ポリシーは、SQL Server データベース エンジンのインスタンスに格納されるか、エクスポートされた XML ファイルとして格納されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、SQLSERVER:\SQLPolicy フォルダーに基づくパスを使用してポリシーの場所を指定します。XML ファイルとして格納されているポリシーの場合、ファイル システム パスを使用してポリシーをその場所に指定します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、評価する 1 つ以上のポリシーの名前を示す文字列を取得できます。文字列で指定されたファイルまたはポリシーの名前が 1 つだけの場合、Invoke-PolicyEvaluation では、現在のパスの設定が使用されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、"Database Status" や "SQLSERVER:\SQLPolicy\MyComputer\DEFAULT\Policies\Database Status" などのポリシー名を使用します。XML ファイルとしてエクスポートされているポリシーの場合、"Database Status.xml" や "C:\MyPolicyFolder\Database Status.xml" などのファイル名を使用します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、エクスポートされた XML 形式のポリシーを含むフォルダーに対して実行される Get-ChildItem コマンドレットのパイプ出力など、一連の FileInfo オブジェクトを取得できます。また、-Policy は、SQLSERVER:\SQLPolicy パスに対して実行される Get-ChildItem のパイプ出力など、一連の Policy オブジェクトを取得できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AdHocPolicyEvaluationMode</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation が対象セットの準拠状態について報告のみを行うか (Check)、対象セットがポリシーに準拠するように再構成も行うか (Configure) を指定します。
</maml:para><maml:para>Check - ログイン アカウントの資格情報を使用して、対象セットの準拠状態を報告します。オブジェクトの再構成は行いません。
</maml:para><maml:para>CheckSqlScriptAsProxy - ##MS_PolicyTSQLExecutionLogin## プロキシ アカウントの資格情報を使用して、チェック レポートを実行します。
</maml:para><maml:para>Configure - ポリシーに準拠していない、対象セットのオブジェクトを再構成し、再構成後の状態を報告します。Invoke-PolicyEvaluation は、設定可能で明確なプロパティのみ再構成します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AdHocPolicyEvaluationMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>OutputXml</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation コマンドレットを実行したときに、そのレポートが SML-IF (Service Modeling Language Interchange Format) スキーマを使用して XML 形式で生成されるように指定します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetExpression</maml:name><maml:description><maml:para>対象セットを定義するオブジェクトの一覧を返すクエリを指定します。クエリは、ノードを含む文字列として指定されます。ノードは "/" 文字で区切られます。各ノードは、ObjectType[Filter] 形式で記述します。ObjectType は SQL Server 管理オブジェクト (SMO) のオブジェクト モデル内のオブジェクトの 1 つで、Filter はそのノードで特定オブジェクトに対してフィルター処理を行う式です。ノードは SMO オブジェクトの階層に従う必要あります。たとえば、次のクエリ式では、AdventureWorks サンプル データベース "Server[@Name='MyComputer']/Database[@Name='AdventureWorks']" が返されます。
</maml:para><maml:para>-TargetExpression が指定されている場合は、-TargetObject を指定しないでください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetServerName</maml:name><maml:description><maml:para>対象セットを含むデータベース エンジンのインスタンスを指定します。Microsoft.SqlServer.Management.Sfc.Sdk.SQLStoreConnection オブジェクトを格納する変数を指定できます。また、System.Data.SqlClient.SQLConnection クラスの ConnectionString プロパティで使用される形式に準拠する文字列も指定できます。これらの文字列には、System.Data.SqlClient.SqlConnectionStringBuilder クラスを使用して作成された文字列などがあります。既定では、Invoke-PolicyEvaluation は Windows 認証を使用して接続します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Invoke-PolicyEvaluation</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="1" aliases=""><maml:name>Policy</maml:name><maml:description><maml:para>評価する 1 つまたは複数のポリシーを指定します。ポリシーは、SQL Server データベース エンジンのインスタンスに格納されるか、エクスポートされた XML ファイルとして格納されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、SQLSERVER:\SQLPolicy フォルダーに基づくパスを使用してポリシーの場所を指定します。XML ファイルとして格納されているポリシーの場合、ファイル システム パスを使用してポリシーをその場所に指定します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、評価する 1 つ以上のポリシーの名前を示す文字列を取得できます。文字列で指定されたファイルまたはポリシーの名前が 1 つだけの場合、Invoke-PolicyEvaluation では、現在のパスの設定が使用されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、"Database Status" や "SQLSERVER:\SQLPolicy\MyComputer\DEFAULT\Policies\Database Status" などのポリシー名を使用します。XML ファイルとしてエクスポートされているポリシーの場合、"Database Status.xml" や "C:\MyPolicyFolder\Database Status.xml" などのファイル名を使用します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、エクスポートされた XML 形式のポリシーを含むフォルダーに対して実行される Get-ChildItem コマンドレットのパイプ出力など、一連の FileInfo オブジェクトを取得できます。また、-Policy は、SQLSERVER:\SQLPolicy パスに対して実行される Get-ChildItem のパイプ出力など、一連の Policy オブジェクトを取得できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AdHocPolicyEvaluationMode</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation が対象セットの準拠状態について報告のみを行うか (Check)、対象セットがポリシーに準拠するように再構成も行うか (Configure) を指定します。
</maml:para><maml:para>Check - ログイン アカウントの資格情報を使用して、対象セットの準拠状態を報告します。オブジェクトの再構成は行いません。
</maml:para><maml:para>CheckSqlScriptAsProxy - ##MS_PolicyTSQLExecutionLogin## プロキシ アカウントの資格情報を使用して、チェック レポートを実行します。
</maml:para><maml:para>Configure - ポリシーに準拠していない、対象セットのオブジェクトを再構成し、再構成後の状態を報告します。Invoke-PolicyEvaluation は、設定可能で明確なプロパティのみ再構成します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AdHocPolicyEvaluationMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>OutputXml</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation コマンドレットを実行したときに、そのレポートが SML-IF (Service Modeling Language Interchange Format) スキーマを使用して XML 形式で生成されるように指定します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetObjects</maml:name><maml:description><maml:para>ポリシーの評価対象となる SQL Server オブジェクトのセットを定義する、PSObject または PSObject の配列を指定します。SQL Server Analysis Services のインスタンスに接続するには、-TargetObject に Microsoft.AnalysisServices.Server オブジェクトを指定します。
</maml:para><maml:para>-TargetObject が指定されている場合は、-TargetExpression を指定しないでください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">PSObject[]</command:parameterValue></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AdHocPolicyEvaluationMode</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation が対象セットの準拠状態について報告のみを行うか (Check)、対象セットがポリシーに準拠するように再構成も行うか (Configure) を指定します。
</maml:para><maml:para>Check - ログイン アカウントの資格情報を使用して、対象セットの準拠状態を報告します。オブジェクトの再構成は行いません。
</maml:para><maml:para>CheckSqlScriptAsProxy - ##MS_PolicyTSQLExecutionLogin## プロキシ アカウントの資格情報を使用して、チェック レポートを実行します。
</maml:para><maml:para>Configure - ポリシーに準拠していない、対象セットのオブジェクトを再構成し、再構成後の状態を報告します。Invoke-PolicyEvaluation は、設定可能で明確なプロパティのみ再構成します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AdHocPolicyEvaluationMode</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AdHocPolicyEvaluationMode</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>OutputXml</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-PolicyEvaluation コマンドレットを実行したときに、そのレポートが SML-IF (Service Modeling Language Interchange Format) スキーマを使用して XML 形式で生成されるように指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="1" aliases=""><maml:name>Policy</maml:name><maml:description><maml:para>評価する 1 つまたは複数のポリシーを指定します。ポリシーは、SQL Server データベース エンジンのインスタンスに格納されるか、エクスポートされた XML ファイルとして格納されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、SQLSERVER:\SQLPolicy フォルダーに基づくパスを使用してポリシーの場所を指定します。XML ファイルとして格納されているポリシーの場合、ファイル システム パスを使用してポリシーをその場所に指定します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、評価する 1 つ以上のポリシーの名前を示す文字列を取得できます。文字列で指定されたファイルまたはポリシーの名前が 1 つだけの場合、Invoke-PolicyEvaluation では、現在のパスの設定が使用されます。データベース エンジンのインスタンスに格納されているポリシーの場合、"Database Status" や "SQLSERVER:\SQLPolicy\MyComputer\DEFAULT\Policies\Database Status" などのポリシー名を使用します。XML ファイルとしてエクスポートされているポリシーの場合、"Database Status.xml" や "C:\MyPolicyFolder\Database Status.xml" などのファイル名を使用します。
</maml:para><maml:para>-Policy は、エクスポートされた XML 形式のポリシーを含むフォルダーに対して実行される Get-ChildItem コマンドレットのパイプ出力など、一連の FileInfo オブジェクトを取得できます。また、-Policy は、SQLSERVER:\SQLPolicy パスに対して実行される Get-ChildItem のパイプ出力など、一連の Policy オブジェクトを取得できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetExpression</maml:name><maml:description><maml:para>対象セットを定義するオブジェクトの一覧を返すクエリを指定します。クエリは、ノードを含む文字列として指定されます。ノードは "/" 文字で区切られます。各ノードは、ObjectType[Filter] 形式で記述します。ObjectType は SQL Server 管理オブジェクト (SMO) のオブジェクト モデル内のオブジェクトの 1 つで、Filter はそのノードで特定オブジェクトに対してフィルター処理を行う式です。ノードは SMO オブジェクトの階層に従う必要あります。たとえば、次のクエリ式では、AdventureWorks サンプル データベース "Server[@Name='MyComputer']/Database[@Name='AdventureWorks']" が返されます。
</maml:para><maml:para>-TargetExpression が指定されている場合は、-TargetObject を指定しないでください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetObjects</maml:name><maml:description><maml:para>ポリシーの評価対象となる SQL Server オブジェクトのセットを定義する、PSObject または PSObject の配列を指定します。SQL Server Analysis Services のインスタンスに接続するには、-TargetObject に Microsoft.AnalysisServices.Server オブジェクトを指定します。
</maml:para><maml:para>-TargetObject が指定されている場合は、-TargetExpression を指定しないでください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">PSObject[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>TargetServerName</maml:name><maml:description><maml:para>対象セットを含むデータベース エンジンのインスタンスを指定します。Microsoft.SqlServer.Management.Sfc.Sdk.SQLStoreConnection オブジェクトを格納する変数を指定できます。また、System.Data.SqlClient.SQLConnection クラスの ConnectionString プロパティで使用される形式に準拠する文字列も指定できます。これらの文字列には、System.Data.SqlClient.SqlConnectionStringBuilder クラスを使用して作成された文字列などがあります。既定では、Invoke-PolicyEvaluation は Windows 認証を使用して接続します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server"
sl "%PRODUCTVERSION%\Tools\Policies\DatabaseEngine\1033"
Invoke-PolicyEvaluation -Policy "Trustworthy Database.xml" -TargetServer "MYCOMPUTER"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>指定したコンピューターの既定のインスタンスでポリシーを評価します。XML ファイルからポリシーを読み取り、Windows 認証を使用して接続します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server"
sl "%PRODUCTVERSION%\Tools\Policies\DatabaseEngine\1033"
gci "Database Status.xml", "Trustworthy Database.xml" | Invoke-PolicyEvaluation -TargetServer "MYCOMPUTER"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>Get-Childitem を使用して、1 つのフォルダー内の複数の XML ファイルから 2 つのポリシーを読み取り、それらのポリシーを Invoke-PolicyEvaluation にパイプします。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server"
sl "%PRODUCTVERSION%\Tools\Policies\DatabaseEngine\1033"
Invoke-PolicyEvaluation -Policy "Database Status.xml" -TargetServer "MYCOMPUTER" -OutputXML &gt; C:\MyReportFolder\MyReport.xml
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>SML-IF (Service Modeling Language Interchange Format) スキーマを使用してポリシー評価の出力形式を設定し、出力をファイルにリダイレクトします。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl SQLSERVER:\SQLPolicy\MYCOMPUTER\DEFAULT\Policies
gci | Where-Object { $_.PolicyCategory -eq "Microsoft Best Practices: Maintenance" } | Invoke-PolicyEvaluation -TargetServer "MYCOMPUTER"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>SQL Server ポリシー ストアへの現在のパスを設定します。Get-ChildItem を使用してすべてのポリシーを読み取り、Where-Object を使用して、PolicyCategory プロパティが "Microsoft Best Practices: Maintenance" に設定されているポリシーをフィルター選択します。その後、フィルター選択されたポリシーのセットを Invoke-PolicyEvaluation にパイプします。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server"
sl "%PRODUCTVERSION%\Tools\Policies\DatabaseEngine\1033"
$conn = New-Object Microsoft.SqlServer.Management.Sdk.Sfc.SqlStoreConnection("server='MYCOMPUTER';Trusted_Connection=True")
Invoke-PolicyEvaluation -Policy "Database Status.xml" -TargetServer $conn
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>Sfc.SqlStoreConnection オブジェクトを使用して対象サーバーを指定する方法です。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 6 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\%PRODUCTVERSION%"
sl "tools\Policies\analysisservices\1033"
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.AnalysisServices")
$SSASsvr = new-object Microsoft.AnalysisServices.Server
$SSASsvr.Connect("Data Source=localhost")
Invoke-PolicyEvaluation 'Surface Area Configuration for Analysis Services Features.xml' -TargetObject $SSASsvr
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>SQL Server Analysis Services アセンブリを読み込んでから、ローカル コンピューター上の既定のインスタンスへの接続を作成し、Analysis Services のセキュリティ構成ポリシーを実行する方法です。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 7 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server"
sl "120\Tools\Policies\DatabaseEngine\1033"
Invoke-PolicyEvaluation "Database Status.xml" -TargetServer "MYCOMPUTER" -TargetExpression "Server[@Name='MYCOMPUTER']/Database[@Name='AdventureWorks2014']"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>-TargetExpression クエリ式を使用して、Database Status ポリシーが AdventureWorks2014 サンプル データベースに対して評価されるように指定します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 8 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;sl "C:\Program Files (x86)\Microsoft SQL Server\120\Tools\Policies\ReportingServices\1033"
[System.Reflection.Assembly]::LoadWithPartialName("Microsoft.SqlServer.Dmf.Adapters")
$SSRSsvr = new-object Microsoft.SqlServer.Management.Adapters.RSContainer('MyComputer')
Invoke-PolicyEvaluation -Policy "Surface Area Configuration for Reporting Services 2008 Features.xml" -TargetObject $SSRSsvr
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>SQL Server Reporting Services アセンブリを読み込んでから、ローカル コンピューター上の既定のインスタンスへの接続を作成し、Reporting Services のセキュリティ構成ポリシーを実行する方法です。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Using the Invoke-PolicyEvaluation cmdlet</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Invoke-Sqlcmd</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server sqlcmd ユーティリティでサポートされている言語 (Transact-SQL および XQuery) とコマンドからのステートメントを含むスクリプトを実行します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Invoke</command:verb><command:noun>Sqlcmd</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>SQL Server sqlcmd ユーティリティによってサポートされる言語とコマンドを含むスクリプトを実行します。サポートされている言語は、Transact-SQL と、データベース エンジンでサポートされている XQuery 構文です。Invoke-Sqlcmd は、GO や QUIT など、sqlcmd でサポートされているコマンドの多くも受け取ります。Invoke-Sqlcmd は、SQLCMDUSER などの sqlcmd スクリプト変数を受け取ります。既定では、Invoke-Sqlcmd は sqlcmd スクリプト変数を設定しません。
</maml:para><maml:para>Invoke-Sqlcmd では、対話型のスクリプト編集に主に関連した sqlcmd コマンドがサポートされません。サポートされないコマンドには、:!!、:connect、:error、:out、:ed、:list、:listvar、:reset、:perftrace、および :serverlist があります。
</maml:para><maml:para>スクリプトによって返される最初の結果セットは、形式が設定されたテーブルとして表示されます。その後の結果セットは、その列リストが最初の結果セットの列リストと異なる場合には表示されません。2 番目以降の結果セットの列リストが同じ場合、最初の結果セットによって返された行を含む、形式が設定されたテーブルに、その行が追加されます。
</maml:para><maml:para>Invoke-Sqlcmd では、PowerShell の -Verbose パラメーターを使用しない限り、PRINT ステートメントの出力など、SQL Server メッセージ出力は返されません。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Invoke-Sqlcmd</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Query</maml:name><maml:description><maml:para>実行する 1 つまたは複数のクエリを指定します。クエリには、Transact-SQL ステートメント、XQuery ステートメント、または sqlcmd コマンドを指定できます。複数のクエリは、セミコロン (;) で区切って指定できます。sqlcmd の GO 区切り記号は指定しないでください。文字列に含まれる二重引用符はエスケープされます。"MyTable" のように引用符で囲まれた識別子ではなく、[MyTable] のように角かっこで囲まれた識別子を使用することを検討してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AbortOnError</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd でエラーが発生した場合は、Invoke-Sqlcmd が実行を停止し、PowerShell ERRORLEVEL 変数にエラー レベルを返すように指定します。返されるエラー レベルは、エラーの重大度が 10 より大きい場合は 1、エラーの重大度が 10 以下の場合は 0 です。-ErrorLevel も指定されている場合、Invoke-Sqlcmd が 1 を返すのは、エラー メッセージの重大度も -ErrorLevel に指定された値以上の場合のみです。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンスに正常に接続できない場合に Invoke-Sqlcmd がタイムアウトする秒数を指定します。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの名前を示す文字列です。Invoke-Sqlcmd は、-ServerInstance で指定されているインスタンス内のこのデータベースに接続します。
</maml:para><maml:para>-Database が指定されていない場合、使用されるデータベースは、現在のパスで SQLSERVER:\SQL フォルダーとデータベース名の両方を指定しているかどうかによって決まります。パスで SQL フォルダーとデータベース名の両方が指定されている場合、Invoke-Sqlcmd は、パスで指定されているデータベースに接続します。パスが SQL フォルダーに基づいていない場合またはパスにデータベース名が含まれていない場合は、Invoke-Sqlcmd は、現在のログイン ID の既定のデータベースに接続します。-IgnoreProviderContext スイッチを指定すると、Invoke-Sqlcmd は、現在のパスで指定されているデータベースを無視し、現在のログイン ID の既定値として定義されているデータベースに接続します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DedicatedAdministratorConnection</maml:name><maml:description><maml:para>専用管理者接続 (DAC) を使用して、データベース エンジンのインスタンスに接続します。DAC は、新しい標準接続を受け入れないインスタンスのトラブルシューティングなどのアクションに対してシステム管理者が使用します。インスタンスは、DAC をサポートするよう構成する必要がありますDAC が無効な場合、Invoke-Sqlcmd はエラーを報告し、実行を停止します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DisableCommands</maml:name><maml:description><maml:para>バッチ ファイルで実行するとセキュリティを損なう可能性がある sqlcmd の機能を無効にします。これにより、PowerShell の変数は Invoke-Sqlcmd スクリプトに渡されなくなります。SQLCMDINI スクリプト変数で指定されたスタートアップ スクリプトは実行されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DisableVariables</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd が sqlcmd スクリプト変数を無視するよう指定します。これは、$(variable_name) などの変数と同じ形式の文字列を含む INSERT ステートメントが、スクリプトに多数含まれている場合に便利です。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptConnection</maml:name><maml:description><maml:para>-ServerInstance で指定されたデータベース エンジンのインスタンスへの接続に Invoke-Sqlcmd で Secure Sockets Layer (SSL) 暗号化を使用するかどうかを指定します。TRUE が指定されると、SSL 暗号化が使用されます。FALSE が指定されると、暗号化は使用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ErrorLevel</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd によって、重大度レベルが、指定された値以上のエラー メッセージのみが表示されるよう指定します。-ErrorLevel が指定されていないか 0 に設定されている場合はすべてのエラー メッセージが表示されます。データベース エンジン エラーの重大度は 1 ~ 24 です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HostName</maml:name><maml:description><maml:para>ワークステーション名を指定します。ワークステーション名は、sp_who システム ストアド プロシージャによって、sys.processes カタログ ビューの hostname 列で報告されます。HostName が指定されていない場合、既定値は、Invoke-Sqlcmd が実行されているコンピューターの名前です。HostName は、異なる Invoke-Sqlcmd セッションを識別する場合に使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IgnoreProviderContext</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd は、現在の SQLSERVER:\SQL パスで確立されたデータベース コンテキストを無視します。-Database パラメーターが指定されていない場合は、現在のログイン ID または Windows アカウントの既定のデータベースが使用されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IncludeSqlUserErrors</maml:name><maml:description><maml:para>既定では無視される SQL ユーザー スクリプト エラーを返すように Invoke-Sqlcmd を設定します。このパラメーターを指定しない場合、Invoke-Sqlcmd は sqlcmd ユーティリティの既定の動作を実行します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>InputFile</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd へのクエリ入力として使用するファイルを指定します。このファイルには、Transact-SQL ステートメント、XQuery ステートメント、sqlcmd コマンド、およびスクリプト変数を含めることができます。ファイルへの完全なパスを指定します。ファイル パスまたはファイル名にスペースを含めることはできません。
</maml:para><maml:para>信頼できるソースのスクリプトのみを実行してください。すべての入力スクリプトが適切な NTFS 権限で保護されていることを確認してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxBinaryLength</maml:name><maml:description><maml:para>binary や varbinary など、バイナリ文字列型の列に返される最大バイト数を指定します。既定値は 1,024 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxCharLength</maml:name><maml:description><maml:para>char、nchar、varchar、nvarchar など、文字または Unicode のデータ型の列に返される最大文字数を指定します。既定値は 4,000 文字です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NewPassword</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 認証ログイン ID の新しいパスワードを指定します。Invoke-Sqlcmd は、パスワードを変更してから終了します。-Username と -Password も指定する必要があります。この場合、-Password では、ログインの現在のパスワードを指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>OutputSqlErrors</maml:name><maml:description><maml:para>エラー メッセージが Invoke-Sqlcmd 出力に表示されるかどうかを指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Boolean</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Password</maml:name><maml:description><maml:para>-Username で指定された SQL Server 認証ログイン ID のパスワードを指定します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。可能な場合は、Windows 認証を使用します。空白のパスワードは使用せず、できるだけ強力なパスワードを使用してください。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「強力なパスワード」を参照してください。
</maml:para><maml:para>セキュリティに関する注意: -Password の後にパスワードを入力すると、モニターにパスワードが表示されてしまうので注意してください。.ps1 スクリプトで -Password の後にパスワードをコーディングすると、そのスクリプト ファイルを読めば、だれでもパスワードがわかります。他のユーザーがファイルを読み取ることをできないようにするには、適切な NTDB 権限をファイルに割り当てます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>QueryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>クエリがタイムアウトするまでの秒数を指定します。タイムアウト値を指定しない場合、クエリはタイムアウトしません。タイムアウトには、1 ~ 65,535 の範囲の整数値を指定してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンス名を示す、文字列または SMO サーバー オブジェクトです。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SeverityLevel</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd によって PowerShell 変数 ERRORLEVEL に返される、エラー メッセージの重大度レベルの下限を指定します。重大度が -SeverityLevel 以上の場合、Invoke-Sqlcmd は、実行するクエリによって生成されたエラー メッセージから最高の重大度レベルを返します。-SeverityLevel が指定されていないか 0 に設定されている場合、Invoke-Sqlcmd は ERRORLEVEL に 0 を返します。データベース エンジンのエラー メッセージの重大度は 1 ~ 24 です。重大度が 10 の情報メッセージについては、重大度が報告されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SuppressProviderContextWarning</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットのデータベース コンテキストを確立する際に Invoke-Sqlcmd が現在の SQLSERVER:\SQL パスからデータベース コンテキストを使用しているという警告を表示しないようにします。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Username</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンスへの SQL Server 認証接続を確立するためのログイン ID を指定します。パスワードは、-Password を使用して指定する必要があります。-Username と -Password が指定されていない場合、Invoke-Sqlcmd は、PowerShell セッションを実行している Windows アカウントを使用して Windows 認証接続を試みます。
</maml:para><maml:para>可能な場合は、Windows 認証を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Variable</maml:name><maml:description><maml:para>sqlcmd スクリプトで使用するための sqlcmd スクリプト変数を作成し、変数の値を設定します。複数の変数とその値を指定するには、PowerShell 配列を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AbortOnError</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd でエラーが発生した場合は、Invoke-Sqlcmd が実行を停止し、PowerShell ERRORLEVEL 変数にエラー レベルを返すように指定します。返されるエラー レベルは、エラーの重大度が 10 より大きい場合は 1、エラーの重大度が 10 以下の場合は 0 です。-ErrorLevel も指定されている場合、Invoke-Sqlcmd が 1 を返すのは、エラー メッセージの重大度も -ErrorLevel に指定された値以上の場合のみです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンスに正常に接続できない場合に Invoke-Sqlcmd がタイムアウトする秒数を指定します。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの名前を示す文字列です。Invoke-Sqlcmd は、-ServerInstance で指定されているインスタンス内のこのデータベースに接続します。
</maml:para><maml:para>-Database が指定されていない場合、使用されるデータベースは、現在のパスで SQLSERVER:\SQL フォルダーとデータベース名の両方を指定しているかどうかによって決まります。パスで SQL フォルダーとデータベース名の両方が指定されている場合、Invoke-Sqlcmd は、パスで指定されているデータベースに接続します。パスが SQL フォルダーに基づいていない場合またはパスにデータベース名が含まれていない場合は、Invoke-Sqlcmd は、現在のログイン ID の既定のデータベースに接続します。-IgnoreProviderContext スイッチを指定すると、Invoke-Sqlcmd は、現在のパスで指定されているデータベースを無視し、現在のログイン ID の既定値として定義されているデータベースに接続します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DedicatedAdministratorConnection</maml:name><maml:description><maml:para>専用管理者接続 (DAC) を使用して、データベース エンジンのインスタンスに接続します。DAC は、新しい標準接続を受け入れないインスタンスのトラブルシューティングなどのアクションに対してシステム管理者が使用します。インスタンスは、DAC をサポートするよう構成する必要がありますDAC が無効な場合、Invoke-Sqlcmd はエラーを報告し、実行を停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DisableCommands</maml:name><maml:description><maml:para>バッチ ファイルで実行するとセキュリティを損なう可能性がある sqlcmd の機能を無効にします。これにより、PowerShell の変数は Invoke-Sqlcmd スクリプトに渡されなくなります。SQLCMDINI スクリプト変数で指定されたスタートアップ スクリプトは実行されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DisableVariables</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd が sqlcmd スクリプト変数を無視するよう指定します。これは、$(variable_name) などの変数と同じ形式の文字列を含む INSERT ステートメントが、スクリプトに多数含まれている場合に便利です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptConnection</maml:name><maml:description><maml:para>-ServerInstance で指定されたデータベース エンジンのインスタンスへの接続に Invoke-Sqlcmd で Secure Sockets Layer (SSL) 暗号化を使用するかどうかを指定します。TRUE が指定されると、SSL 暗号化が使用されます。FALSE が指定されると、暗号化は使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ErrorLevel</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd によって、重大度レベルが、指定された値以上のエラー メッセージのみが表示されるよう指定します。-ErrorLevel が指定されていないか 0 に設定されている場合はすべてのエラー メッセージが表示されます。データベース エンジン エラーの重大度は 1 ~ 24 です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HostName</maml:name><maml:description><maml:para>ワークステーション名を指定します。ワークステーション名は、sp_who システム ストアド プロシージャによって、sys.processes カタログ ビューの hostname 列で報告されます。HostName が指定されていない場合、既定値は、Invoke-Sqlcmd が実行されているコンピューターの名前です。HostName は、異なる Invoke-Sqlcmd セッションを識別する場合に使用できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IgnoreProviderContext</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd は、現在の SQLSERVER:\SQL パスで確立されたデータベース コンテキストを無視します。-Database パラメーターが指定されていない場合は、現在のログイン ID または Windows アカウントの既定のデータベースが使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IncludeSqlUserErrors</maml:name><maml:description><maml:para>既定では無視される SQL ユーザー スクリプト エラーを返すように Invoke-Sqlcmd を設定します。このパラメーターを指定しない場合、Invoke-Sqlcmd は sqlcmd ユーティリティの既定の動作を実行します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>InputFile</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd へのクエリ入力として使用するファイルを指定します。このファイルには、Transact-SQL ステートメント、XQuery ステートメント、sqlcmd コマンド、およびスクリプト変数を含めることができます。ファイルへの完全なパスを指定します。ファイル パスまたはファイル名にスペースを含めることはできません。
</maml:para><maml:para>信頼できるソースのスクリプトのみを実行してください。すべての入力スクリプトが適切な NTFS 権限で保護されていることを確認してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxBinaryLength</maml:name><maml:description><maml:para>binary や varbinary など、バイナリ文字列型の列に返される最大バイト数を指定します。既定値は 1,024 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxCharLength</maml:name><maml:description><maml:para>char、nchar、varchar、nvarchar など、文字または Unicode のデータ型の列に返される最大文字数を指定します。既定値は 4,000 文字です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NewPassword</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server 認証ログイン ID の新しいパスワードを指定します。Invoke-Sqlcmd は、パスワードを変更してから終了します。-Username と -Password も指定する必要があります。この場合、-Password では、ログインの現在のパスワードを指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>OutputSqlErrors</maml:name><maml:description><maml:para>エラー メッセージが Invoke-Sqlcmd 出力に表示されるかどうかを指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Boolean</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Boolean</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Password</maml:name><maml:description><maml:para>-Username で指定された SQL Server 認証ログイン ID のパスワードを指定します。パスワードでは大文字と小文字が区別されます。可能な場合は、Windows 認証を使用します。空白のパスワードは使用せず、できるだけ強力なパスワードを使用してください。詳細については、SQL Server オンライン ブックの「強力なパスワード」を参照してください。
</maml:para><maml:para>セキュリティに関する注意: -Password の後にパスワードを入力すると、モニターにパスワードが表示されてしまうので注意してください。.ps1 スクリプトで -Password の後にパスワードをコーディングすると、そのスクリプト ファイルを読めば、だれでもパスワードがわかります。他のユーザーがファイルを読み取ることをできないようにするには、適切な NTDB 権限をファイルに割り当てます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Query</maml:name><maml:description><maml:para>実行する 1 つまたは複数のクエリを指定します。クエリには、Transact-SQL ステートメント、XQuery ステートメント、または sqlcmd コマンドを指定できます。複数のクエリは、セミコロン (;) で区切って指定できます。sqlcmd の GO 区切り記号は指定しないでください。文字列に含まれる二重引用符はエスケープされます。"MyTable" のように引用符で囲まれた識別子ではなく、[MyTable] のように角かっこで囲まれた識別子を使用することを検討してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>QueryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>クエリがタイムアウトするまでの秒数を指定します。タイムアウト値を指定しない場合、クエリはタイムアウトしません。タイムアウトには、1 ~ 65,535 の範囲の整数値を指定してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンス名を示す、文字列または SMO サーバー オブジェクトです。既定のインスタンスの場合は、コンピューター名 "MyComputer" のみを指定します。名前付きインスタンスの場合は、"ComputerName\InstanceName" 形式を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SeverityLevel</maml:name><maml:description><maml:para>Invoke-Sqlcmd によって PowerShell 変数 ERRORLEVEL に返される、エラー メッセージの重大度レベルの下限を指定します。重大度が -SeverityLevel 以上の場合、Invoke-Sqlcmd は、実行するクエリによって生成されたエラー メッセージから最高の重大度レベルを返します。-SeverityLevel が指定されていないか 0 に設定されている場合、Invoke-Sqlcmd は ERRORLEVEL に 0 を返します。データベース エンジンのエラー メッセージの重大度は 1 ~ 24 です。重大度が 10 の情報メッセージについては、重大度が報告されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SuppressProviderContextWarning</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットのデータベース コンテキストを確立する際に Invoke-Sqlcmd が現在の SQLSERVER:\SQL パスからデータベース コンテキストを使用しているという警告を表示しないようにします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Username</maml:name><maml:description><maml:para>データベース エンジンのインスタンスへの SQL Server 認証接続を確立するためのログイン ID を指定します。パスワードは、-Password を使用して指定する必要があります。-Username と -Password が指定されていない場合、Invoke-Sqlcmd は、PowerShell セッションを実行している Windows アカウントを使用して Windows 認証接続を試みます。
</maml:para><maml:para>可能な場合は、Windows 認証を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Variable</maml:name><maml:description><maml:para>sqlcmd スクリプトで使用するための sqlcmd スクリプト変数を作成し、変数の値を設定します。複数の変数とその値を指定するには、PowerShell 配列を使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>Formatted table</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Invoke-Sqlcmd -Query "SELECT GETDATE() AS TimeOfQuery;" -ServerInstance "MyComputer\MyInstance"
 
TimeOfQuery
-----------
5/13/2010 8:49:43 PM
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、コンピューター上のデータベース エンジンの名前付きインスタンスに接続し、基本的な Transact-SQL スクリプトを実行します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Invoke-Sqlcmd -InputFile "C:\MyFolder\TestSqlCmd.sql" | Out-File -filePath "C:\MyFolder\TestSqlCmd.rpt"
 
Output sent to TestSqlCmd.rpt.
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、Transact-SQL ステートメントと sqlcmd コマンドを含むファイルを読み取り、ファイルを実行して、別のファイルに出力を書き込みます。すべての出力ファイルが適切な NTFS 権限で保護されていることを確認してください。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$MyArray = "MYVAR1='String1'", "MYVAR2='String2'"
Invoke-Sqlcmd -Query "SELECT `$(MYVAR1) AS Var1, `$(MYVAR2) AS Var2;" -Variable $MyArray
 
Var1 Var2
---- ----
String1 String2
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、-Variable パラメーターへの入力として文字列の配列を使用します。この配列では、複数の sqlcmd 変数が定義されています。sqlcmd 変数を識別する、SELECT ステートメント内の $ 記号は、バック ティック (`) 文字を使用してエスケープされます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-Location SQLSERVER:\SQL\MyComputer\MyInstance
Invoke-Sqlcmd -Query "SELECT SERVERPROPERTY('MachineName') AS ComputerName;" -ServerInstance (Get-Item .)
 
WARNING: Using provider context. Server = MyComputer
 
ComputerName
------------
MyComputer
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、Set-Location を使用して、データベース エンジンのインスタンスを表す SQL Server PowerShell プロバイダー パスに移動します。その後、この例では、Get-Item を使用して、Invoke-Sqlcmd の -ServerInstance パラメーターとして使用するために SMO Server オブジェクトを取得します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Invoke-Sqlcmd -Query "PRINT N'abc'" -Verbose
 
VERBOSE: abc
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>次の例では、PowerShell の -Verbose パラメーター使用して、PRINT コマンドのメッセージ出力を返します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 6 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-Location SQLSERVER:\SQL\MyComputer\DEFAULT\Databases\AdventureWorks2014
Invoke-Sqlcmd "SELECT DB_NAME() AS DatabaseName;"
 
WARNING: Using provider context. Server = MyComputer, Database = AdventureWorks2014.
 
DatabaseName
------------
AdventureWorks2014
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、位置文字列を使用して、-Query パラメーターへの入力を指定します。また、Invoke-Sqlcmd で現在のパスを使用して、データベース コンテキストを AdventureWorks2014 を設定する方法も示しています。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Transact-SQL Reference</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: sqlcmd Utility</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: XQuery Reference</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Join-SqlAvailabilityGroup</command:name><maml:description><maml:para>InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性レプリカを、Name パラメーターで指定された可用性グループに参加させます。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Join</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroup</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Join-SqlAvailabilityGroup コマンドレットは、ローカル セカンダリ レプリカを、Name パラメーターで指定された可用性グループに参加させます。このコマンドレットは、可用性グループに参加していないセカンダリ レプリカをホストしている SQL Server インスタンス上でのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Join-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループに参加させるセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Join-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Server</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループに参加させるセカンダリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
可用性グループに参加させる可用性レプリカです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><maml:alertSet><maml:title /><maml:alert><maml:para>高可用性データ復旧サービスがサーバー インスタンス上で有効になっていて、Path に指定された可用性レプリカが存在する必要があります。
</maml:para></maml:alert><maml:alert></maml:alert></maml:alertSet><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Join-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\SQL\SecondaryServer\InstanceName -Name 'MyAg'
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスによってホストされるセカンダリ レプリカを可用性グループ "MyAg" に参加させます。このサーバー インスタンスは、この可用性グループ内のセカンダリ レプリカをホストする必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Join-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\SQL\SecondaryServer\InstanceName -Name 'MyAg' -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスによってホストされるセカンダリ レプリカを可用性グループ "MyAg" に参加させる Transact-SQL スクリプトを出力します。このサーバー インスタンスは、この可用性グループ内のセカンダリ レプリカをホストする必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Joining a Secondary Replica to an Availability Group (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlAvailabilityGroup</command:name><maml:description><maml:para>初期プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに可用性グループを作成します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroup</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットは、可用性グループを作成します。InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定されたサーバー インスタンスが、初期プライマリ レプリカをホストします。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成する可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの初期プライマリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスのパスです。指定したパスが存在しない場合、エラーがスローされます。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: バックアップを常にプライマリ レプリカで実行することを指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>完全復旧モデルを使用する一方で AUTO_CLOSE を使用しない、ローカルな読み取り/書き込みユーザー データベースの一覧です。これらのデータベースは他の可用性グループに属すことができず、データベース ミラーリング用に構成できません。このパラメーターを null または空にすることはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでの時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityReplica</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性グループに含めるそれぞれの可用性レプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。このパラメーターは入れ子にできますが、空または null にすることはできません。
</maml:para><maml:para>ヒント: AvailabilityReplica オブジェクトを作成するには、New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットと共に AsTemplate パラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">AvailabilityReplica[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成する可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカをホストするインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: バックアップを常にプライマリ レプリカで実行することを指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>完全復旧モデルを使用する一方で AUTO_CLOSE を使用しない、ローカルな読み取り/書き込みユーザー データベースの一覧です。これらのデータベースは他の可用性グループに属すことができず、データベース ミラーリング用に構成できません。このパラメーターを null または空にすることはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでの時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityReplica</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性グループに含めるそれぞれの可用性レプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。このパラメーターは入れ子にできますが、空または null にすることはできません。
</maml:para><maml:para>ヒント: AvailabilityReplica オブジェクトを作成するには、New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットと共に AsTemplate パラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">AvailabilityReplica[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: バックアップを常にプライマリ レプリカで実行することを指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityReplica</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性グループに含めるそれぞれの可用性レプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。このパラメーターは入れ子にできますが、空または null にすることはできません。
</maml:para><maml:para>ヒント: AvailabilityReplica オブジェクトを作成するには、New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットと共に AsTemplate パラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">AvailabilityReplica[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityReplica[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>完全復旧モデルを使用する一方で AUTO_CLOSE を使用しない、ローカルな読み取り/書き込みユーザー データベースの一覧です。これらのデータベースは他の可用性グループに属すことができず、データベース ミラーリング用に構成できません。このパラメーターを null または空にすることはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityGroupFailureConditionLevel</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでの時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカをホストするインスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成する可用性グループの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの初期プライマリ レプリカをホストする SQL Server インスタンスのパスです。指定したパスが存在しない場合、エラーがスローされます。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
プライマリ レプリカを含むサーバー インスタンスを指定します。
</maml:para><maml:para>
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroup</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
可用性グループを含む新しい PowerShell オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$primaryServer = Get-Item "SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName"
$secondaryServer = Get-Item "SQLSERVER:\SQL\SecondaryServer\InstanceName"
 
$primaryReplica = New-SqlAvailabilityReplica `
-Name "PrimaryServer\InstanceName" `
-EndpointUrl "TCP://PrimaryServer.domain:5022" `
-FailoverMode "Automatic" `
-AvailabilityMode "SynchronousCommit" `
-AsTemplate `
-Version ($primaryServer.Version)
 
# Create the initial secondary replica
$secondaryReplica = New-SqlAvailabilityReplica `
-Name "SecondaryServer\InstanceName" `
-EndpointUrl "TCP://SecondaryServer.domain:5022" `
-FailoverMode "Automatic" `
-AvailabilityMode "SynchronousCommit" `
-AsTemplate `
-Version ($secondaryServer.Version)
 
# Create the Availability Group.
New-SqlAvailabilityGroup -InputObject $primaryServer -Name MyAG -AvailabilityReplica ($primaryReplica, $secondaryReplica) -Database @("MyDatabase1","MyDatabase2")
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、2 つの可用性レプリカと 2 つのデータベース ("MyDatabase1" と "MyDatabase2") から成る新しい可用性グループ "MyAG" を作成します。最初に、New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットを使用して、2 つのレプリカ ("$primaryReplica" と "$secondaryReplica") のメモリ内表現を作成します。これらのレプリカは、自動フェールオーバーを指定した同期コミット可用性モードを使用するように構成されます。データベース ミラーリング エンドポイントにはポート 5022 を使用します。その後、New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットを使用して、可用性グループを作成します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Creating an Availability Group (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: "HADR" Prerequisites and Restrictions</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Specifying the Endpoint URL for an Availability Replica (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlAvailabilityGroupListener</command:name><maml:description><maml:para>新しい可用性グループ リスナーを作成して、既存の可用性グループにアタッチします。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroupListener</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>New-SqlAvailabilityGroupListener コマンドレットは、新しい可用性グループ リスナーを作成して、可用性グループにアタッチします。可用性グループおよび IP アドレスを識別するパラメーターを受け取ります。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityGroupListener</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。新しいリスナーは、このパスで指定された可用性グループにアタッチされます。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DhcpSubnet</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定されたサブネットでリスナーが DHCP を使用する必要があることを指定します。この引数には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.0.1\255.255.255.0 など) を指定する必要があります。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用するポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定された静的 IP アドレスをリスナーに構成する必要があることを指定します。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスクか、IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityGroupListener</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーをアタッチする必要のある可用性グループの可用性グループ オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DhcpSubnet</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定されたサブネットでリスナーが DHCP を使用する必要があることを指定します。この引数には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.0.1\255.255.255.0 など) を指定する必要があります。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用するポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定された静的 IP アドレスをリスナーに構成する必要があることを指定します。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスクか、IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DhcpSubnet</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定されたサブネットでリスナーが DHCP を使用する必要があることを指定します。この引数には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスク (192.168.0.1\255.255.255.0 など) を指定する必要があります。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーをアタッチする必要のある可用性グループの可用性グループ オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。新しいリスナーは、このパスで指定された可用性グループにアタッチされます。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用するポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>65535 </dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StaticIp</maml:name><maml:description><maml:para>引数で指定された静的 IP アドレスをリスナーに構成する必要があることを指定します。この引数には、文字列の一覧を指定する必要があります。各文字列には、スラッシュを使用して表記された IPv4 アドレスとサブネット マスクか、IPv6 アドレスを指定できます。
</maml:para><maml:para>StaticIp オプションと DhcpSubnet オプションを同時に指定することはできません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroup</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlAvailabilityGroupListener -Name MyListener -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" を作成します。このリスナーは、DHCP を使用して仮想 IP アドレスを取得します。このコマンドは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlAvailabilityGroupListener -Name MyListener -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg -Port 1434
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" を作成します。このリスナーは、DHCP を使用して仮想 IP アドレスを取得し、ポート 1434 で接続をリッスンします。このコマンドは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlAvailabilityGroupListener -Name MyListener -DhcpSubnet '192.169.0.1/255.255.252.0' -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" を作成します。このリスナーは、指定されたサブネットで DHCP を使用して仮想 IP アドレスを取得します。このコマンドは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlAvailabilityGroupListener -Name MyListener -StaticIp '192.168.3.1/255.255.252.0' -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" を作成します。このリスナーは、-StaticIp パラメーターに渡された IPv4 アドレスを仮想 IP アドレスとして使用します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlAvailabilityGroupListener -Name MyListener -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の可用性グループ リスナー "MyListener" を作成する Transact-SQL スクリプトを出力します。このコマンドでリスナーが実際に作成されるわけではありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlAvailabilityReplica</command:name><maml:description><maml:para>可用性レプリカを作成します。このコマンドレットは、プライマリ可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityReplica</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>New-SqlAvailabilityReplica コマンドレットは、可用性レプリカを作成します。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストする SQL Server のインスタンスで実行する必要があります。
</maml:para><maml:para>AsTemplate パラメーター、InputObject パラメーター、および Path パラメーターは、相互に排他的です。
</maml:para><maml:para>新しい可用性グループを作成する前に AvailabilityReplica オブジェクトを作成するには、AsTemplate パラメーターを使用します。
</maml:para><maml:para>レプリカを既存の可用性グループに追加する場合は、InputObject パラメーターまたは Path パラメーターを使用して、可用性グループのパスを指定します。どちらのパラメーターも指定しない場合、現在のパスが使用されます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性レプリカの名前です。名前は、"コンピューター\インスタンス" 形式で指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。新しいレプリカは、このパスの可用性グループに属します。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカが同期コミット モードか非同期コミット モードかを示します。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ミラーリング エンドポイントの URL です。この URL は、"TCP://system-address:port" 形式の TCP アドレスです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>Automatic または Manual を指定できます。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性レプリカの名前です。名前は、"コンピューター\インスタンス" 形式で指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AsTemplate</maml:name><maml:description><maml:para>一時的な AvailabilityReplica オブジェクトをメモリ内に作成する新しい可用性レプリカへのパスです。AsTemplate を使用して、新しい可用性グループに含めるそれぞれの新しい可用性レプリカを作成します。次に、New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットを実行して可用性グループを作成し、AvailabilityReplica パラメーターの値として AvailabilityReplica オブジェクトを指定します。
</maml:para><maml:para>AsTemplate を指定した場合、InputObject パラメーターおよび Path パラメーターは無視されます。
</maml:para><maml:para>AsTemplate を指定した場合は、SQL Server のバージョンを Version パラメーターに渡す必要があります。または、現在のセッションがインスタンスに対するアクティブな接続を保持している必要があります。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Version</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のバージョンを指定します。このパラメーターは、AsTemplate が指定された場合にのみ有効です。テンプレート オブジェクトは、このバージョンのサーバーでデザイン モードで作成されます。
</maml:para><maml:para>Version は、必要に応じて整数または文字列として指定できます。例: -Version %PRODUCT_MAJOR_VER%, または -Version "%PRODUCT_MAJOR_VER%.0.0"
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerVersion</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカが同期コミット モードか非同期コミット モードかを示します。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ミラーリング エンドポイントの URL です。この URL は、"TCP://system-address:port" 形式の TCP アドレスです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>Automatic または Manual を指定できます。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性レプリカの名前です。名前は、"コンピューター\インスタンス" 形式で指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>新しいレプリカが属する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカが同期コミット モードか非同期コミット モードかを示します。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ミラーリング エンドポイントの URL です。この URL は、"TCP://system-address:port" 形式の TCP アドレスです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>Automatic または Manual を指定できます。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AsTemplate</maml:name><maml:description><maml:para>一時的な AvailabilityReplica オブジェクトをメモリ内に作成する新しい可用性レプリカへのパスです。AsTemplate を使用して、新しい可用性グループに含めるそれぞれの新しい可用性レプリカを作成します。次に、New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットを実行して可用性グループを作成し、AvailabilityReplica パラメーターの値として AvailabilityReplica オブジェクトを指定します。
</maml:para><maml:para>AsTemplate を指定した場合、InputObject パラメーターおよび Path パラメーターは無視されます。
</maml:para><maml:para>AsTemplate を指定した場合は、SQL Server のバージョンを Version パラメーターに渡す必要があります。または、現在のセッションがインスタンスに対するアクティブな接続を保持している必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>0</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカが同期コミット モードか非同期コミット モードかを示します。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityReplicaAvailabilityMode</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ミラーリング エンドポイントの URL です。この URL は、"TCP://system-address:port" 形式の TCP アドレスです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>Automatic または Manual を指定できます。null にすることもできます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityReplicaFailoverMode</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>新しいレプリカが属する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>新しい可用性レプリカの名前です。名前は、"コンピューター\インスタンス" 形式で指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。新しいレプリカは、このパスの可用性グループに属します。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Version</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のバージョンを指定します。このパラメーターは、AsTemplate が指定された場合にのみ有効です。テンプレート オブジェクトは、このバージョンのサーバーでデザイン モードで作成されます。
</maml:para><maml:para>Version は、必要に応じて整数または文字列として指定できます。例: -Version %PRODUCT_MAJOR_VER%, または -Version "%PRODUCT_MAJOR_VER%.0.0"
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerVersion</command:parameterValue><dev:type><maml:name>ServerVersion</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroup</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
レプリカの可用性グループを指定します。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityReplica</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
新しく作成された可用性レプリカを含む PowerShell オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$serverObject = (Get-Item SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName)
$serverVersion = $serverObject.Version
$endpointURL = "TCP://PrimaryServerName.domain.com:5022"
$failoverMode = "Automatic"
$availabilityMode = "SynchronousCommit"
New-SqlAvailabilityReplica -Name PrimaryServer\Instance -EndpointUrl $endpointURL -FailoverMode $failoverMode -AvailabilityMode $availabilityMode -AsTemplate -Version $serverVersion
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、可用性レプリカのメモリ内表現を作成します。変更はサーバーにコミットされません。このレプリカは、New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットの AvailabilityReplica パラメーターに渡す必要があります。このレプリカは、指定された URL にあるデータベース ミラーリング エンドポイントを使用して、可用性グループ内の他のレプリカと通信します。このレプリカは、自動フェールオーバーと同期コミット可用性モードをサポートします。メモリ内表現を作成するには、-AsTemplate パラメーターと -Version パラメーターが必要となります。-Version パラメーターは、このレプリカをホストするサーバー インスタンスのバージョンを指定します。バージョン番号は、11 である必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$serverObject = (Get-Item SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName)
$serverVersion = $serverObject.Version
$endpointURL = "TCP://PrimaryServerName.domain.com:5022"
$failoverMode = "Manual"
$availabilityMode = "AsynchronousCommit"
New-SqlAvailabilityReplica -Name SecondaryServer\Instance -EndpointUrl $endpointURL -FailoverMode $failoverMode -AvailabilityMode $availabilityMode -AsTemplate -Version $serverVersion
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性レプリカのメモリ内表現を作成します。変更はサーバーにコミットされません。このレプリカは、New-SqlAvailabilityGroup コマンドレットの AvailabilityReplica パラメーターに渡す必要があります。このレプリカは、指定された URL にあるエンドポイントを使用して、可用性グループ内の他のレプリカと通信します。このレプリカは、手動フェールオーバーと非同期コミット可用性モードをサポートします。メモリ内表現を作成するには、-AsTemplate パラメーターと -Version パラメーターが必要となります。-Version パラメーターは、このレプリカをホストするサーバー インスタンスのバージョンを指定します。バージョン番号は、11 である必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$agPath = "SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg"
$endpointURL = "TCP://PrimaryServerName.domain.com:5022"
$failoverMode = "Manual"
$availabilityMode = "AsynchronousCommit"
$secondaryReadMode = "AllowAllConnections"
New-SqlAvailabilityReplica -Name SecondaryServer\Instance -EndpointUrl $endpointURL -FailoverMode $failoverMode -AvailabilityMode $availabilityMode -ConnectionModeInSecondaryRole $secondaryReadMode -Path $agPath
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、可用性レプリカを "MyAg" という名前の既存の可用性グループに追加します。このレプリカは、手動フェールオーバーと非同期コミット可用性モードをサポートします。セカンダリ ロールでは、このレプリカは読み取りアクセス接続をサポートして、読み取り専用の処理をこのレプリカにオフロードできるようにします。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Specifying the Endpoint URL for an Availability Replica (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlBackupEncryptionOption</command:name><maml:description><maml:para>Backup-SqlDatabase コマンドレットまたは Set-SqlSmartAdmin コマンドレットの暗号化オプションを定義します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlBackupEncryptionOption</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlBackupEncryptionOption</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Algorithm</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化アルゴリズムです。指定できる値は、AES128、AES192、AES256、および TripleDes です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionAlgorithm</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptorName</maml:name><maml:description><maml:para>サーバー証明書またはサーバー非対称キーの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptorType</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化機能の種類です。指定できる値は、ServerCertificate と ServerAsymmetricKey です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptorType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoEncryption</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化が無効であることを指定します。このパラメーターは、他のパラメーターと一緒に使用することはできません。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Algorithm</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化アルゴリズムです。指定できる値は、AES128、AES192、AES256、および TripleDes です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptionAlgorithm</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupEncryptionAlgorithm</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptorName</maml:name><maml:description><maml:para>サーバー証明書またはサーバー非対称キーの名前です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptorType</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化機能の種類です。指定できる値は、ServerCertificate と ServerAsymmetricKey です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">BackupEncryptorType</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupEncryptorType</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoEncryption</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化が無効であることを指定します。このパラメーターは、他のパラメーターと一緒に使用することはできません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.BackupEncryptionOptions</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>Backup-SqlDatabase および Set-SqlSmartAdmin の –EncryptionOption パラメーターへの入力として使用されます。</maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$encryptionOption = New-SqlBackupEncryptionOption -Algorithm Aes256 -EncryptorType ServerCertificate -EncryptorName "BackupCert"
</dev:code><dev:code>C:\PS&gt;Backup-SqlDatabase -ServerInstance . -Database "db1" -BackupFile "db1.bak" -CompressionOption On -EncryptionOption $encryptionOption
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>この例では、暗号化オプションを作成し、それを Backup-SqlDatabase のパラメーター値として使用して暗号化されたバックアップを作成します。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlCredential</command:name><maml:description><maml:para>新しい SQL Server 資格情報オブジェクトを作成します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlCredential</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>New-SqlCredential コマンドレットでは、新しい SQL Server 資格情報オブジェクトを作成します。SQL Server 資格情報オブジェクトは、認証情報を格納するために使用されます。SQL Server 資格情報は、Windows Azure ストレージ サービスへのバックアップ時や Windows Azure ストレージ サービスからの復元時に必要です。また、この資格情報を使用して Windows Azure ストレージ アカウント名やアクセス キーの情報を格納します。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ProviderName</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化サービス プロバイダーの名前。拡張キー管理プロバイダー (EKM) の名前を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Secret</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントのパスワードです。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これがストレージ アカウントのアクセス キー値になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">SecureString</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Identity</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントの名前です。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これが Windows Azure ストレージ アカウントの名前になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報が作成される Server オブジェクト。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ProviderName</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化サービス プロバイダーの名前。拡張キー管理プロバイダー (EKM) の名前を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Secret</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントのパスワードです。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これがストレージ アカウントのアクセス キー値になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">SecureString</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Identity</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントの名前です。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これが Windows Azure ストレージ アカウントの名前になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Identity</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントの名前です。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これが Windows Azure ストレージ アカウントの名前になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報が作成される Server オブジェクト。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の名前。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ProviderName</maml:name><maml:description><maml:para>暗号化サービス プロバイダーの名前。拡張キー管理プロバイダー (EKM) の名前を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Secret</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーまたはアカウントのパスワードです。Windows Azure ストレージ サービス認証の場合、これがストレージ アカウントのアクセス キー値になります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">SecureString</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SecureString</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt; cd SQLServer:\SQL\Computer\Instance
$storageAccount = “myWindowsAzureStorageAccount”
$storageKey = “&lt;storage account access key value&gt;”
New-SqlCredential – name “mysqlcredential” –Identity $storageAccount –secret $storageKey
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドでは、SQL Server の現在のインスタンスに SQL 資格情報 "mysqlcredential" を作成します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;#cd to computer level
cd sqlserver:\sql\computer
$storageAccount = “myWindowsAzureStorageAccount”
$storageKey = “&lt;storage account access key value&gt;”
$secureString = convertto-securestring $storageKey -asplaintext -force
# get the list of instances
$instances = Get-childitem
#pipe the instances to new-sqlcredentail cmdlet to create SQL credential
$instances | new-sqlcredential -Name “mysqlcredential” -Identity storageAccount -Secret $secureString
 
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドでは、SQL Server のすべてのインスタンスに SQL 資格情報 "mysqlcredential" を作成します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>New-SqlHADREndpoint</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンス上にデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>New</command:verb><command:noun>SqlHADREndpoint</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>New-SqlHadrndpoint コマンドレットは、指定された SQL Server のインスタンスにデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。このエンドポイントは、可用性グループの可用性レプリカをホストするすべてのサーバー インスタンスで必要です。各サーバー インスタンスに配置できるデータベース ミラーリング エンドポイントは 1 つだけです。サーバー インスタンスに既にデータベース ミラーリング エンドポイントが存在する場合は、既存のエンドポイントを使用してください。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlHADREndpoint</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成するエンドポイントの名前です。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントを作成する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AuthenticationOrder</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される認証の順序と種類です。使用可能なオプションは、Certificate、CertificateKerberos、CertificateNegotiate、CertificateNtlm、Kerberos、KerberosCertificate、Negotiate、NegotiateCertificate、Ntlm、NtlmCertificate です。指定したオプションで証明書が必要な場合は、-Certificate パラメーターも設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointAuthenticationOrder</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Certificate</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続を認証するために必要な証明書の名前です。反対側のエンドポイントは、指定された証明書の秘密キーと一致する公開キー付きの証明書を持っている必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Encryption</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの暗号化オプションです。使用可能なオプションは、Disabled、Supported、Required です。既定値は Required です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryption</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionAlgorithm</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される暗号化の形式です。使用可能なオプションは、Aes、AesRC4、None、RC4、RC4Aes です。既定では、エンドポイントは AES 暗号化を使用します。
</maml:para><maml:para>メモ: RC4 アルゴリズムは、旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。データベース互換性レベルが 90 または 100 の場合、新しい素材は RC4 または RC4_128 を使用してのみ暗号化できます (推奨されません)。AES アルゴリズムのいずれかなど、新しいアルゴリズムを使用してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryptionAlgorithm</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IpAddress</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントがリッスンする IP アドレスです。既定値は ALL で、リスナーは有効なすべての IP アドレスでの接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">IPAddress</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Owner</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの所有者のログインです。既定では、これが現在のログインです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは 5022 です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>New-SqlHADREndpoint</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成するエンドポイントの名前です。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントを作成する必要のある SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AuthenticationOrder</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される認証の順序と種類です。使用可能なオプションは、Certificate、CertificateKerberos、CertificateNegotiate、CertificateNtlm、Kerberos、KerberosCertificate、Negotiate、NegotiateCertificate、Ntlm、NtlmCertificate です。指定したオプションで証明書が必要な場合は、-Certificate パラメーターも設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointAuthenticationOrder</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Certificate</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続を認証するために必要な証明書の名前です。反対側のエンドポイントは、指定された証明書の秘密キーと一致する公開キー付きの証明書を持っている必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Encryption</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの暗号化オプションです。使用可能なオプションは、Disabled、Supported、Required です。既定値は Required です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryption</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionAlgorithm</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される暗号化の形式です。使用可能なオプションは、Aes、AesRC4、None、RC4、RC4Aes です。既定では、エンドポイントは AES 暗号化を使用します。
</maml:para><maml:para>メモ: RC4 アルゴリズムは、旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。データベース互換性レベルが 90 または 100 の場合、新しい素材は RC4 または RC4_128 を使用してのみ暗号化できます (推奨されません)。AES アルゴリズムのいずれかなど、新しいアルゴリズムを使用してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryptionAlgorithm</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IpAddress</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントがリッスンする IP アドレスです。既定値は ALL で、リスナーは有効なすべての IP アドレスでの接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">IPAddress</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Owner</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの所有者のログインです。既定では、これが現在のログインです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは 5022 です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AuthenticationOrder</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される認証の順序と種類です。使用可能なオプションは、Certificate、CertificateKerberos、CertificateNegotiate、CertificateNtlm、Kerberos、KerberosCertificate、Negotiate、NegotiateCertificate、Ntlm、NtlmCertificate です。指定したオプションで証明書が必要な場合は、-Certificate パラメーターも設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointAuthenticationOrder</command:parameterValue><dev:type><maml:name>EndpointAuthenticationOrder</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>SMO.EndpointAuthenticationOrder.Negotiate</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Certificate</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続を認証するために必要な証明書の名前です。反対側のエンドポイントは、指定された証明書の秘密キーと一致する公開キー付きの証明書を持っている必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Encryption</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの暗号化オプションです。使用可能なオプションは、Disabled、Supported、Required です。既定値は Required です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryption</command:parameterValue><dev:type><maml:name>EndpointEncryption</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>SMO.EndpointAuthentication.Required</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EncryptionAlgorithm</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントによって使用される暗号化の形式です。使用可能なオプションは、Aes、AesRC4、None、RC4、RC4Aes です。既定では、エンドポイントは AES 暗号化を使用します。
</maml:para><maml:para>メモ: RC4 アルゴリズムは、旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。データベース互換性レベルが 90 または 100 の場合、新しい素材は RC4 または RC4_128 を使用してのみ暗号化できます (推奨されません)。AES アルゴリズムのいずれかなど、新しいアルゴリズムを使用してください。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">EndpointEncryptionAlgorithm</command:parameterValue><dev:type><maml:name>EndpointEncryptionAlgorithm</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>RC4</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="3" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントを作成する必要のある SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Context</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Context</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>IpAddress</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントがリッスンする IP アドレスです。既定値は ALL で、リスナーは有効なすべての IP アドレスでの接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">IPAddress</command:parameterValue><dev:type><maml:name>IPAddress</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Name</maml:name><maml:description><maml:para>作成するエンドポイントの名前です。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Owner</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントの所有者のログインです。既定では、これが現在のログインです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントを作成する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>エンドポイントが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは 5022 です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>5022</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>SMO.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
このパラメーターは、エンドポイントの作成先となるサーバー インスタンスを指定します。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>SMO.Endpoint</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlHADREndpoint -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Name MyEndpoint
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスに "MyEndpoint" という名前のデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。このエンドポイントは、既定のポート 5022 を使用します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlHADREndpoint -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Name EndpointName -Port 4022 -EncryptionAlgorithm 'Aes' -Encryption 'Required'
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスに "MyEndpoint" という名前のデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。このエンドポイントはポート 4022 でリッスンします。このエンドポイントは暗号化に AES アルゴリズムを使用し、接続の暗号化が必須となります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlHADREndpoint -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Name EndpointName -AuthenticationOrder 'Certificate' -Certificate 'MyCertificate'
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスに "MyEndpoint" という名前のデータベース ミラーリング エンドポイントを作成します。このエンドポイントは、"MyCertificate" という名前の証明書を使用して接続を認証します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;New-SqlHADREndpoint -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance -Name MyEndpoint -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、指定されたパスにあるサーバー インスタンスに "MyEndpoint" という名前のデータベース ミラーリング エンドポイントを作成する Transact-SQL スクリプトを出力します。このコマンドでエンドポイントが実際に作成されるわけではありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Remove-SqlAvailabilityDatabase</command:name><maml:description><maml:para>InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性データベースを、その可用性グループから削除します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Remove</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Remove-SqlAvailabilityDatabase コマンドレットは、InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性データベースを、その可用性グループから削除します。プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでこのコマンドレットを実行すると、プライマリ データベースおよび対応するすべてのセカンダリ データベースが可用性グループから削除されます。セカンダリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでこのコマンドレットを実行すると、ローカル セカンダリ データベースだけが可用性グループから削除されます。その結果、このセカンダリ データベースの可用性グループへの参加は取り消されますが、データベースの他のコピーは可用性グループに参加したままになります。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性データベースのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する可用性データベースの AvailabilityDatabase オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する可用性データベースの AvailabilityDatabase オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性データベースのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityDatabase</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
削除する可用性データベースを指定します。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryComputer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases\MyDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"MyAg" という名前の可用性グループから "MyDatabase" という可用性データベースを削除します。このコマンドはプライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行されるため、プライマリ データベースおよび対応するすべてのセカンダリ データベースが可用性グループから削除されます。どのセカンダリ レプリカでも、このデータベースに対してデータ同期は行われなくなります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Get-ChildItem SQLSERVER:\Sql\PrimaryComputer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases | Remove-SqlAvailabilityDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"MyAg" という名前の可用性グループからすべての可用性データベースを削除します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\Sql\SecondaryComputer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases\MyDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"SecondaryComputer\Instance" という名前のサーバー インスタンスにホストされたセカンダリ レプリカから、セカンダリ データベース "MyDatabase" を削除します。削除されたセカンダリ データベースへのデータ同期は行われなくなります。このコマンドは、プライマリ データベースまたはその他のセカンダリ データベースには影響しません。
</maml:para><maml:para>メモ: このセカンダリ データベースでデータ同期を再開するには、同じサーバー インスタンスで Add-SqlAvailabilityDatabase コマンドレットを使用して、このセカンダリ データベースを可用性グループに再度参加させてください。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryComputer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases\MyDatabase -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" から可用性データベース "MyDatabase" を削除する Transact-SQL コマンドを出力します。このコマンドで可用性データベースが実際に削除されるわけではありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Remove-SqlAvailabilityGroup</command:name><maml:description><maml:para>InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性グループを削除します。
 
 
 
 
 
 
 
                    </maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Remove</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroup</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Remove-SqlAvailabilityGroup コマンドレットは、InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定された可用性グループを削除します。このコマンドレットでは、部分的に作成された可用性グループを削除できます。このコマンドレットを実行できる SQL Server インスタンスは、可用性グループの適切なセキュリティ資格情報を持つ WSFC ノード上の AlwaysOn 可用性グループに対して有効になっている SQL Server インスタンスです。このコマンドレットを実行するインスタンスが AlwaysOn 可用性グループに対して有効でない場合、または Path パラメーターで指定された可用性グループが存在しない場合、エラーがスローされます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroup</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、"MyAg" という名前の可用性グループを削除します。このコマンドは、可用性グループの可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行できます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Get-ChildItem SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups | Remove-SqlAvailabilityGroup
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性レプリカが "Computer\Instance" という名前のサーバー インスタンスでホストされているすべての可用性グループを削除します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、"MyAg" という名前の可用性グループを削除する Transact-SQL スクリプトを出力します。このコマンドで可用性グループが実際に削除されることはありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: DROP AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Remove-SqlAvailabilityReplica</command:name><maml:description><maml:para>InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定されたセカンダリ可用性レプリカを削除します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Remove</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityReplica</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Remove-SqlAvailabilityGroup コマンドレットは、InputObject パラメーターまたは Path パラメーターで指定されたセカンダリ レプリカを削除します。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性レプリカへのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する必要のあるレプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>削除する必要のあるレプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性レプリカへのパスです。このパラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityReplica</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
削除する可用性レプリカです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityReplica -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityReplicas\MyReplica
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"MyAg" という名前の可用性グループから "MyReplica" という可用性レプリカを削除します。このコマンドは、可用性グループのプライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスで実行する必要があります。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
  
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
  
</maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Remove-SqlAvailabilityReplica -Path SQLSERVER:\SQL\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityReplicas\MyReplica -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" から可用性レプリカ "MyReplica" を削除する Transact-SQL スクリプトを出力します。このコマンドでレプリカが実際に削除されるわけではありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>SQL Server Books Online: Deleting an Availability Group (SQL Server)</maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Remove-SqlCredential</command:name><maml:description><maml:para>SQL 資格情報オブジェクトを削除します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Remove</command:verb><command:noun>SqlCredential</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Remove-SqlCredential コマンドレットは、SQL Server 資格情報オブジェクトを削除します。このコマンドレットでは、次の 2 つの操作モードがサポートされています。
 
1.-path パラメーターを使用して、資格情報名を含む資格情報のパスまたは場所を指定する。
 
2.–InputObject パラメーターを使用して、Smo.Credential オブジェクトをこのオブジェクトに渡す。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行対象となる資格情報のパスです。例: SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Credentials\Credential
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlCredential</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の入力オブジェクトです。このオブジェクトは、Get-SqlCredential コマンドレッドを使用して取得できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>資格情報の入力オブジェクトです。このオブジェクトは、Get-SqlCredential コマンドレッドを使用して取得できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行対象となる資格情報のパスです。例: SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Credentials\Credential
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Remove-SqlCredential -Path SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance\Credentials\MySqlCredential
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、-path パラメーターで指定したパスを使用して、SQL 資格情報 "MySqlCredential" を削除します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
                      </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;The command retrieves the credential object from the Get-Credential cmdlet and then pipes it to the Remove-Sql Credential cmdlet to delete the SQL Credential ‘MySqlCredential’.
PS C:\&gt;$cred = Get-SqlCredential -Name MySqlCredential
$cred | Remove-SqlCredential
 
 
</dev:code><dev:remarks></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Remove-SqlFirewallRule</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server の特定のインスタンスへの接続を許可する Windows ファイアウォール ルールを無効にします。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Remove</command:verb><command:noun>SqlFirewallRule</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>SQL Server の特定のインスタンスへの接続を許可する Windows ファイアウォール ルールを無効にします。</maml:para><maml:para>SQL Server クラウド アダプターが、SQL Server のインスタンスをホストするコンピューターで実行され、アクセス可能である必要があります。</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、次の操作モードがサポートされています。</maml:para><maml:para>1.インスタンスの PowerShell パスを指定する。</maml:para><maml:para>2.サーバー オブジェクトを指定する。</maml:para><maml:para>3.SQL Server のターゲット インスタンスの ServerInstance を指定する。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Remove-SqlFirewallRule</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;CD SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance;
Remove-SqlFirewallRule -Credential $credential -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、このコンピューターで SQL Server インスタンス "Instance" への接続をブロックするように、コンピューター "Computer" の Windows ファイアウォール ルールを無効にします。現在の作業ディレクトリを使用して、操作が実行されるサーバー インスタンスを確認します。対象コンピューターの自己署名証明書は、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れられます。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>This command retrieves all instances of SQL Server on the machine ‘MachineName’ and disables the Windows Firewall rules to block connections to each one of them. The self-signed certificate of the target machine will be automatically accepted without prompting the user.
PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName "MachineName" | Remove-SqlFirewallRule -Credential $credential -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para></maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Restore-SqlDatabase</command:name><maml:description><maml:para>データベースの全体または一部、あるいはトランザクション ログ レコードのバックアップを復元します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Restore</command:verb><command:noun>SqlDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Restore-SqlDatabase コマンドレットにより、SQL Server データベースで復元操作が実行されます。これには、データベースの完全復元、トランザクション ログの復元、およびデータベース ファイルの復元が含まれます。このコマンドレットは、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Restore クラスを基に作成されています。このクラスのパラメーターは、通常、この Smo オブジェクトのプロパティに対応しています。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Restore-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>復元するデータベースの名前です。-DatabaseObject パラメーターと共に使用することはできません。
</maml:para><maml:para>-Database パラメーターを使用したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ ファイルが格納される 1 つまたは複数の場所です。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、ログの復元では "databasename.trn"、その他の種類の復元では "databasename.bak" という名前が検索されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合、このパラメーターまたは BackupDevice パラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープ デバイスにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ClearSuspectPageTable</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作後に未確認のページ テーブルを削除します。設定されていない場合は、未確認のページ テーブルに対して何も行われません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイルです。RestoreAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイル グループです。RestoreAction プロパティが File に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FileNumber</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディア上の対象のバックアップ セットを識別するために使用されるインデックス番号です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>KeepReplication</maml:name><maml:description><maml:para>レプリケーション構成を予約します。設定されていない場合、レプリケーション構成は復元操作によって無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>特定のメディア セットを識別するために使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>データベースが復元中の状態になります。ロールバックは行われません。別のバックアップを復元できます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>復元の完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスクの復元には適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Offset</maml:name><maml:description><maml:para>復元するページ アドレスです。-RestoreAction を OnlinePage に設定した場合にのみ有効です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Int64[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Partial</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作は部分的な復元です。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行するために使用される Smo Backup オブジェクトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作を実行する SQL Server インスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RelocateFile</maml:name><maml:description><maml:para>Smo.Relocate ファイル オブジェクトの一覧です。それぞれのオブジェクトは、論理バックアップ ファイル名と物理ファイル システムの場所で構成されます。復元操作を実行すると、復元されたデータベースが対象サーバー上の指定された物理的な場所に移動されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">RelocateFile[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReplaceDatabase</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの新しいイメージを作成します。同じ名前を持つ既存のデータベースは上書きされます。このオプションを設定しない場合、同じ名前を持つデータベースが既に存在していると、復元操作は失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了した復元操作の処理を続行します。このオプションを設定しない場合 (既定値)、中断された復元操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestoreAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行する復元操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、Log、OnlinePage、および OnlineFiles です。
</maml:para><maml:para>Database: データベースを復元します。
</maml:para><maml:para>Files: 1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlinePage: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、オンラインのデータ ページを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlineFiles: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">RestoreActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestrictedUser</maml:name><maml:description><maml:para>復元したデータベースへのデータベース アクセスを、固定データベース ロール db_owner と、固定サーバー ロール dbcreator および sysadmin に制限します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>Windows Azure BLOB ストレージ サービスを認証するための認証情報が格納された SQL Server 資格情報です。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) から復元する場合の必須パラメーターです。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StandbyFile</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server インスタンスのイメージング方法の一部として使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkName パラメーターで指定されたマーク名と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの後に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkAfterDate パラメーターと共に使用します。復旧には、マークを含むトランザクションが含まれます。StopAtMarkAfterDate 値を設定しない場合、指定した名前の最初のマークで復旧が停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkName と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの前に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkAfterDate と共に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ToPointInTime</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ログの復元のエンドポイントです。-RestoreAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の完了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Restore-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>復元するデータベースの名前です。-DatabaseObject パラメーターと共に使用することはできません。
</maml:para><maml:para>-Database パラメーターを使用したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ ファイルが格納される 1 つまたは複数の場所です。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、ログの復元では "databasename.trn"、その他の種類の復元では "databasename.bak" という名前が検索されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合、このパラメーターまたは BackupDevice パラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープ デバイスにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ClearSuspectPageTable</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作後に未確認のページ テーブルを削除します。設定されていない場合は、未確認のページ テーブルに対して何も行われません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、サーバーの接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行権限を持つ SQL Server ログインに資格情報を指定する PSCredential オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイルです。RestoreAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイル グループです。RestoreAction プロパティが File に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FileNumber</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディア上の対象のバックアップ セットを識別するために使用されるインデックス番号です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>KeepReplication</maml:name><maml:description><maml:para>レプリケーション構成を予約します。設定されていない場合、レプリケーション構成は復元操作によって無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>特定のメディア セットを識別するために使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>データベースが復元中の状態になります。ロールバックは行われません。別のバックアップを復元できます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>復元の完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスクの復元には適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Offset</maml:name><maml:description><maml:para>復元するページ アドレスです。-RestoreAction を OnlinePage に設定した場合にのみ有効です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Int64[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Partial</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作は部分的な復元です。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行するために使用される Smo Backup オブジェクトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RelocateFile</maml:name><maml:description><maml:para>Smo.Relocate ファイル オブジェクトの一覧です。それぞれのオブジェクトは、論理バックアップ ファイル名と物理ファイル システムの場所で構成されます。復元操作を実行すると、復元されたデータベースが対象サーバー上の指定された物理的な場所に移動されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">RelocateFile[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReplaceDatabase</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの新しいイメージを作成します。同じ名前を持つ既存のデータベースは上書きされます。このオプションを設定しない場合、同じ名前を持つデータベースが既に存在していると、復元操作は失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了した復元操作の処理を続行します。このオプションを設定しない場合 (既定値)、中断された復元操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestoreAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行する復元操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、Log、OnlinePage、および OnlineFiles です。
</maml:para><maml:para>Database: データベースを復元します。
</maml:para><maml:para>Files: 1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlinePage: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、オンラインのデータ ページを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlineFiles: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">RestoreActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestrictedUser</maml:name><maml:description><maml:para>復元したデータベースへのデータベース アクセスを、固定データベース ロール db_owner と、固定サーバー ロール dbcreator および sysadmin に制限します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>Windows Azure BLOB ストレージ サービスを認証するための認証情報が格納された SQL Server 資格情報です。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) から復元する場合の必須パラメーターです。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StandbyFile</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server インスタンスのイメージング方法の一部として使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkName パラメーターで指定されたマーク名と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの後に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkAfterDate パラメーターと共に使用します。復旧には、マークを含むトランザクションが含まれます。StopAtMarkAfterDate 値を設定しない場合、指定した名前の最初のマークで復旧が停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkName と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの前に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkAfterDate と共に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ToPointInTime</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ログの復元のエンドポイントです。-RestoreAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の完了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。このサーバー インスタンスが、復元操作の対象となります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Restore-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>復元するデータベースの名前です。-DatabaseObject パラメーターと共に使用することはできません。
</maml:para><maml:para>-Database パラメーターを使用したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ ファイルが格納される 1 つまたは複数の場所です。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、ログの復元では "databasename.trn"、その他の種類の復元では "databasename.bak" という名前が検索されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合、このパラメーターまたは BackupDevice パラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープ デバイスにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ClearSuspectPageTable</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作後に未確認のページ テーブルを削除します。設定されていない場合は、未確認のページ テーブルに対して何も行われません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイルです。RestoreAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイル グループです。RestoreAction プロパティが File に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FileNumber</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディア上の対象のバックアップ セットを識別するために使用されるインデックス番号です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>KeepReplication</maml:name><maml:description><maml:para>レプリケーション構成を予約します。設定されていない場合、レプリケーション構成は復元操作によって無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>特定のメディア セットを識別するために使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>データベースが復元中の状態になります。ロールバックは行われません。別のバックアップを復元できます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>復元の完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスクの復元には適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Offset</maml:name><maml:description><maml:para>復元するページ アドレスです。-RestoreAction を OnlinePage に設定した場合にのみ有効です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Int64[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Partial</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作は部分的な復元です。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行するために使用される Smo Backup オブジェクトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RelocateFile</maml:name><maml:description><maml:para>Smo.Relocate ファイル オブジェクトの一覧です。それぞれのオブジェクトは、論理バックアップ ファイル名と物理ファイル システムの場所で構成されます。復元操作を実行すると、復元されたデータベースが対象サーバー上の指定された物理的な場所に移動されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">RelocateFile[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReplaceDatabase</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの新しいイメージを作成します。同じ名前を持つ既存のデータベースは上書きされます。このオプションを設定しない場合、同じ名前を持つデータベースが既に存在していると、復元操作は失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了した復元操作の処理を続行します。このオプションを設定しない場合 (既定値)、中断された復元操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestoreAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行する復元操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、Log、OnlinePage、および OnlineFiles です。
</maml:para><maml:para>Database: データベースを復元します。
</maml:para><maml:para>Files: 1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlinePage: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、オンラインのデータ ページを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlineFiles: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">RestoreActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestrictedUser</maml:name><maml:description><maml:para>復元したデータベースへのデータベース アクセスを、固定データベース ロール db_owner と、固定サーバー ロール dbcreator および sysadmin に制限します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>Windows Azure BLOB ストレージ サービスを認証するための認証情報が格納された SQL Server 資格情報です。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) から復元する場合の必須パラメーターです。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StandbyFile</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server インスタンスのイメージング方法の一部として使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkName パラメーターで指定されたマーク名と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの後に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkAfterDate パラメーターと共に使用します。復旧には、マークを含むトランザクションが含まれます。StopAtMarkAfterDate 値を設定しない場合、指定した名前の最初のマークで復旧が停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkName と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの前に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkAfterDate と共に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ToPointInTime</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ログの復元のエンドポイントです。-RestoreAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の完了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>復元を実行する必要がある SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Restore-SqlDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>DatabaseObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベース オブジェクトです。復元操作では、バックアップがこのデータベースに復元されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Database</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ ファイルが格納される 1 つまたは複数の場所です。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、ログの復元では "databasename.trn"、その他の種類の復元では "databasename.bak" という名前が検索されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合、このパラメーターまたは BackupDevice パラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープ デバイスにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ClearSuspectPageTable</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作後に未確認のページ テーブルを削除します。設定されていない場合は、未確認のページ テーブルに対して何も行われません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイルです。RestoreAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイル グループです。RestoreAction プロパティが File に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FileNumber</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディア上の対象のバックアップ セットを識別するために使用されるインデックス番号です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>KeepReplication</maml:name><maml:description><maml:para>レプリケーション構成を予約します。設定されていない場合、レプリケーション構成は復元操作によって無視されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>特定のメディア セットを識別するために使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>データベースが復元中の状態になります。ロールバックは行われません。別のバックアップを復元できます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>復元の完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスクの復元には適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Offset</maml:name><maml:description><maml:para>復元するページ アドレスです。-RestoreAction を OnlinePage に設定した場合にのみ有効です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Int64[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Partial</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作は部分的な復元です。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行するために使用される Smo Backup オブジェクトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RelocateFile</maml:name><maml:description><maml:para>Smo.Relocate ファイル オブジェクトの一覧です。それぞれのオブジェクトは、論理バックアップ ファイル名と物理ファイル システムの場所で構成されます。復元操作を実行すると、復元されたデータベースが対象サーバー上の指定された物理的な場所に移動されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">RelocateFile[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReplaceDatabase</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの新しいイメージを作成します。同じ名前を持つ既存のデータベースは上書きされます。このオプションを設定しない場合、同じ名前を持つデータベースが既に存在していると、復元操作は失敗します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了した復元操作の処理を続行します。このオプションを設定しない場合 (既定値)、中断された復元操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestoreAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行する復元操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、Log、OnlinePage、および OnlineFiles です。
</maml:para><maml:para>Database: データベースを復元します。
</maml:para><maml:para>Files: 1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlinePage: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、オンラインのデータ ページを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlineFiles: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">RestoreActionType</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestrictedUser</maml:name><maml:description><maml:para>復元したデータベースへのデータベース アクセスを、固定データベース ロール db_owner と、固定サーバー ロール dbcreator および sysadmin に制限します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>Windows Azure BLOB ストレージ サービスを認証するための認証情報が格納された SQL Server 資格情報です。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) から復元する場合の必須パラメーターです。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StandbyFile</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server インスタンスのイメージング方法の一部として使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkName パラメーターで指定されたマーク名と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの後に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkAfterDate パラメーターと共に使用します。復旧には、マークを含むトランザクションが含まれます。StopAtMarkAfterDate 値を設定しない場合、指定した名前の最初のマークで復旧が停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkName と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの前に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkAfterDate と共に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ToPointInTime</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ログの復元のエンドポイントです。-RestoreAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の完了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupDevice</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップが格納されるデバイスです。このパラメーターは、BackupFile パラメーターと共に使用できません。テープ デバイスにバックアップする場合にこのパラメーターを使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">BackupDeviceItem[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>BackupDeviceItem[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>BackupFile</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ ファイルが格納される 1 つまたは複数の場所です。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターが指定されていない場合、サーバーの既定のバックアップ場所で、ログの復元では "databasename.trn"、その他の種類の復元では "databasename.bak" という名前が検索されます。このパラメーターは、BackupDevice パラメーターと共に使用できません。Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) にバックアップする場合、このパラメーターまたは BackupDevice パラメーターは必須です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BlockSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップの物理ブロック サイズ (バイト単位) です。サポートされるサイズは、512、1024、2048、4096、8192、16384、32768、および 65536 (64 KB) バイトです。テープ デバイスの場合の既定値は 65536 バイトで、他のデバイスの場合の既定値は 512 バイトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BufferCount</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作に使用される I/O バッファーの総数です。任意の正の整数値を指定できます。バッファー数が多いと Sqlservr.exe プロセスで仮想アドレス空間が不足し、"メモリ不足" エラーの原因となる場合があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Checksum</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作中にチェックサム値を計算します。このパラメーターを設定しない場合、チェックサムは計算されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ClearSuspectPageTable</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作後に未確認のページ テーブルを削除します。設定されていない場合は、未確認のページ テーブルに対して何も行われません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>タイムアウト エラーが発生するまで、サーバーの接続を待機する秒数です。タイムアウト値には、0 ~ 65,534 の範囲の整数値を指定する必要があります。0 を指定した場合、接続の試行はタイムアウトしません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ContinueAfterError</maml:name><maml:description><maml:para>チェックサム エラーが発生しても操作が続行されます。このパラメーターを設定しない場合、チェックサム エラーが発生すると操作が失敗します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>この操作の実行権限を持つ SQL Server ログインに資格情報を指定する PSCredential オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Database</maml:name><maml:description><maml:para>復元するデータベースの名前です。-DatabaseObject パラメーターと共に使用することはできません。
</maml:para><maml:para>-Database パラメーターを使用したら、-Path、-InputObject、または -ServerInstance パラメーターも指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFile</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイルです。RestoreAction プロパティが Files に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>DatabaseFileGroup</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作の対象となるデータベース ファイル グループです。RestoreAction プロパティが File に設定されている場合にのみ使用します。RestoreAction パラメーターが Files に設定されている場合、DatabaseFileGroups プロパティまたは DatabaseFiles プロパティを指定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>DatabaseObject</maml:name><maml:description><maml:para>データベース オブジェクトです。復元操作では、バックアップがこのデータベースに復元されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Database</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Database</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FileNumber</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディア上の対象のバックアップ セットを識別するために使用されるインデックス番号です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>復元を実行する必要がある SQL Server インスタンスの Server オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>KeepReplication</maml:name><maml:description><maml:para>レプリケーション構成を予約します。設定されていない場合、レプリケーション構成は復元操作によって無視されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MaxTransferSize</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ メディアと SQL Server のインスタンス間で転送される最大バイト数です。有効値は 65536 バイト (64 KB) の倍数で、最大有効値は 4194304 バイト (4 MB) です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>MediaName</maml:name><maml:description><maml:para>特定のメディア セットを識別するために使用する名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRecovery</maml:name><maml:description><maml:para>データベースが復元中の状態になります。ロールバックは行われません。別のバックアップを復元できます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoRewind</maml:name><maml:description><maml:para>復元の完了時に、テープ ドライブが終了位置で開いた状態になります。このパラメーターを設定しないと、操作の完了後、テープが巻き戻されます。ディスクの復元には適用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Offset</maml:name><maml:description><maml:para>復元するページ アドレスです。-RestoreAction を OnlinePage に設定した場合にのみ有効です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Int64[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int64[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Partial</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作は部分的な復元です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>PassThru</maml:name><maml:description><maml:para>バックアップ操作を実行するために使用される Smo Backup オブジェクトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>復元操作を実行する SQL Server インスタンスのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、現在の場所が使用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RelocateFile</maml:name><maml:description><maml:para>Smo.Relocate ファイル オブジェクトの一覧です。それぞれのオブジェクトは、論理バックアップ ファイル名と物理ファイル システムの場所で構成されます。復元操作を実行すると、復元されたデータベースが対象サーバー上の指定された物理的な場所に移動されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">RelocateFile[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>RelocateFile[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReplaceDatabase</maml:name><maml:description><maml:para>データベースの新しいイメージを作成します。同じ名前を持つ既存のデータベースは上書きされます。このオプションを設定しない場合、同じ名前を持つデータベースが既に存在していると、復元操作は失敗します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Restart</maml:name><maml:description><maml:para>部分的に完了した復元操作の処理を続行します。このオプションを設定しない場合 (既定値)、中断された復元操作は、バックアップ セットの先頭から再開されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestoreAction</maml:name><maml:description><maml:para>実行する復元操作の種類です。有効なオプションは、Database、Files、Log、OnlinePage、および OnlineFiles です。
</maml:para><maml:para>Database: データベースを復元します。
</maml:para><maml:para>Files: 1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para><maml:para>Log: トランザクション ログを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlinePage: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、オンラインのデータ ページを復元します。
</maml:para><maml:para>OnlineFiles: 他のユーザーがデータベースを利用できる場合でも、1 つ以上のデータ ファイルを復元します。DatabaseFile パラメーターまたは DatabaseFileGroup パラメーターを設定する必要があります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">RestoreActionType</command:parameterValue><dev:type><maml:name>RestoreActionType</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RestoreActionType.Database</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RestrictedUser</maml:name><maml:description><maml:para>復元したデータベースへのデータベース アクセスを、固定データベース ロール db_owner と、固定サーバー ロール dbcreator および sysadmin に制限します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のインスタンスの名前です。このサーバー インスタンスが、復元操作の対象となります。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>Windows Azure BLOB ストレージ サービスを認証するための認証情報が格納された SQL Server 資格情報です。格納される認証情報には、Windows Azure ストレージ アカウントの名前および関連付けられているアクセス キー値が含まれます。これは、Windows Azure BLOB ストレージ サービス (URL) から復元する場合の必須パラメーターです。このパラメーターは、ディスクまたはテープでは使用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSObject</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSObject</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StandbyFile</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server インスタンスのイメージング方法の一部として使用される UNDO ファイルの名前です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkName パラメーターで指定されたマーク名と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopAtMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの後に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopAtMarkAfterDate パラメーターと共に使用します。復旧には、マークを含むトランザクションが含まれます。StopAtMarkAfterDate 値を設定しない場合、指定した名前の最初のマークで復旧が停止します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkAfterDate</maml:name><maml:description><maml:para>復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkName と共に使用される日付を指定します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>StopBeforeMarkName</maml:name><maml:description><maml:para>マークされたトランザクションの前に復旧を停止します。復旧操作の停止位置を表すために StopBeforeMarkAfterDate と共に使用します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ToPointInTime</maml:name><maml:description><maml:para>データベース ログの復元のエンドポイントです。-RestoreAction パラメーターを Log に設定した場合にのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>UnloadTapeAfter</maml:name><maml:description><maml:para>操作の完了後、テープ デバイスが巻き戻され、アンロードされます。このパラメーターを設定しない場合、テープ メディアの巻き戻しやアンロードは行われません。ディスク バックアップには適用されません。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Smo.Server</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para>
 
復元操作を実行する SQL Server のインスタンスを参照する SMO.Server オブジェクトです。
 
 
</maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.bak"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、完全なデータベース "MyDB" をファイル "\\share\folder\MyDB.bak" からサーバー インスタンス "computer\Instance" に復元します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.trn" -RestoreAction Log
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、データベース "MyDB" のトランザクション ログをファイル "\\share\folder\MyDB.trn" からサーバー インスタンス "computer\Instance" に復元します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.bak" -Credential (Get-Credential sa)
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、sa SQL ログインを使用して、完全なデータベース "MyDB" をファイル "\\share\folder\MyDB.trn" からサーバー インスタンス "Computer\Instance" に復元します。このコマンドは、SQL 認証を行うためのパスワードの入力を要求します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 4 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.trn" -RestoreAction Log -NoRecovery
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、NORECOVERY オプションを使用して、データベース "MyDB" のトランザクション ログをファイル "\\share\folder\MyDB.trn" からサーバー インスタンス "Computer\Instance" に復元します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 5 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.trn" -RestoreAction Log -ToPointInTime "Nov 11, 2011 11:11 AM"
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、-ToPointInTime パラメーターに渡された日付 "Nov 11、2011 11:11 AM" までのデータベース "MyDB" のトランザクション ログを復元します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 6 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$RelocateData = New-Object Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RelocateFile("MyDB_Data", "c:\MySQLServer\MyDB.mdf")
$RelocateLog = New-Object Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RelocateFile("MyDB_Log", "c:\MySQLServer\MyDB.ldf")
Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "\\share\folder\MyDB.trn" -RelocateFile @($RelocateData,$RelocateLog)
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、完全なデータベース "MyDB" をサーバー インスタンス "Computer\Instance" に復元し、データおよびログ ファイルを再配置します。移動対象のそれぞれのファイルに対し、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RelocateFile のインスタンスを作成します ("$RelocateData" および "$RelocateLog")。それぞれのコンストラクターは 2 つの引数を受け取ります。1 つはファイルの論理名、もう 1 つは対象サーバー上でファイルが配置される物理的な位置を指定します。これらの RelocateFile オブジェクトは、Restore-SqlDatabase コマンドレットの -RelocateFile パラメーターに渡されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 7 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;$tapeDevice = New-Object Microsoft.Sqlserver.Management.Smo.BackupDeviceItem("\\.\tape0", "Tape")
Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupDevice $tapeDevice
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>この例では、データベース "MyDB" をテープ デバイス "\\.\tape0" からサーバー インスタンス "computer\Instance" に復元します。この例では、このデバイスを表すために、Microsoft.Sqlserver.Management.Smo.BackupDeviceItem のインスタンスを作成しています。このコンストラクターは、バックアップ デバイスの名前 ("\\.\tape0") とバックアップ デバイスの種類 ("Tape") を指定する 2 つの引数を受け取ります。次に、この BackupDeviceItem オブジェクトが Restore-SqlDatabase コマンドレットの -BackupDevice パラメーターに渡されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
-------------------------- EXAMPLE 8 --------------------------
                       </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;Restore-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupFile "https://mystorageaccountname.blob.core.windows.net/container/MyDB.bak" https://mystorageaccountname.blob.core.windows.net/container/MyDB.bak" -SqlCredential "mySqlCredential"
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、sa SQL 資格情報を使用して、完全なデータベース "MyDB" を Windows Azure BLOB ストレージ サービスのファイルからサーバー インスタンス "computer\Instance" に復元します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Resume-SqlAvailabilityDatabase</command:name><maml:description><maml:para>可用性データベース上のデータ移動を再開します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Resume</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityDatabase</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Resume-SqlAvailabilityDatabase コマンドレットは、可用性データベース上のデータ移動を再開します。プライマリ データベースを再開すると、対応するセカンダリ データベース上のデータ移動が再開されます。特定のセカンダリ データベースを再開した場合は、そのデータベース上のデータ移動のみが再開されます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Resume-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性データベースへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Resume-SqlAvailabilityDatabase</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>データ移動を再開するプライマリ データベースまたはセカンダリ データベースの AvailabilityDatabase オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>データ移動を再開するプライマリ データベースまたはセカンダリ データベースの AvailabilityDatabase オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Target</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Target</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性データベースへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityDatabase</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name>SQL Server Books Online: Resuming a Database in an Availability Group (SQL Server)</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Resume-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases\MyDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、可用性グループ "MyAg" に含まれている可用性データベース "MyDatabase" のデータの同期を再開します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;dir SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\AgName\AvailabilityDatabases | Resume-SqlAvailabilityDatabase
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、"Computer\Instance" という名前のサーバー インスタンス上の可用性グループ "MyAg" に含まれているすべての可用性データベースのデータの同期を再開します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Resume-SqlAvailabilityDatabase -Path SQLSERVER:\Sql\Computer\Instance\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityDatabases\MyDatabase -Script
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドでは、"Computer\Instance" という名前のサーバー インスタンス上の可用性グループ "MyAg" に含まれている可用性データベース "MyDatabase" のデータの同期を再開する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Set-SqlAuthenticationMode</command:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスの認証モードを構成します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Set</command:verb><command:noun>SqlAuthenticationMode</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスの認証モードを構成します。</maml:para><maml:para>SQL Server クラウド アダプターが、SQL Server のインスタンスをホストするコンピューターで実行され、アクセス可能である必要があります。</maml:para><maml:para>このコマンドレットでは、次の操作モードがサポートされています。</maml:para><maml:para>1.インスタンスの PowerShell パスを指定する。</maml:para><maml:para>2.サーバー オブジェクトを指定する。</maml:para><maml:para>3.SQL Server のターゲット インスタンスの ServerInstance を指定する。</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAuthenticationMode</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Mode</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスで構成される認証モードです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerLoginMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>"混合モード" 認証が有効な場合に SQL Server のターゲット インスタンスで作成される管理者資格情報です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ForceServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>必要な場合、ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを強制的に再起動します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを再起動することを禁止します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAuthenticationMode</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Mode</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスで構成される認証モードです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerLoginMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>"混合モード" 認証が有効な場合に SQL Server のターゲット インスタンスで作成される管理者資格情報です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ForceServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>必要な場合、ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを強制的に再起動します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを再起動することを禁止します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAuthenticationMode</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Mode</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスで構成される認証モードです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerLoginMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>"混合モード" 認証が有効な場合に SQL Server のターゲット インスタンスで作成される管理者資格情報です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ForceServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>必要な場合、ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを強制的に再起動します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを再起動することを禁止します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AcceptSelfSignedCertificate</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットが、SQL Server クラウド アダプターによる対象コンピューターの自己署名証明書を、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れるようにします。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="1" aliases=""><maml:name>Credential</maml:name><maml:description><maml:para>対象のコンピューターで Windows 管理者の資格情報を持つユーザー アカウントを指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ForceServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>必要な場合、ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを強制的に再起動します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="named" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>ターゲット インスタンスのサーバー オブジェクトです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">Server[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Server[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ManagementPublicPort</maml:name><maml:description><maml:para>対象コンピューターのパブリック管理ポートです。対象コンピューターのポートが直接アクセスできず、エンドポイントを介して公開されている場合、つまり別のポートに接続する必要がある場合は、このパラメーターを使用してください。</maml:para><maml:para>このポートから SQL Server クラウド アダプターにアクセスできる必要があります。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Mode</maml:name><maml:description><maml:para>SQL Server のターゲット インスタンスで構成される認証モードです。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">ServerLoginMode</command:parameterValue><dev:type><maml:name>ServerLoginMode</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>NoServiceRestart</maml:name><maml:description><maml:para>ユーザーに確認しないで SQL Server サービスを再起動することを禁止します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>操作を実行する SQL Server のインスタンスへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>RetryTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>対象サーバーでコマンドを再試行する期間です。タイムアウトになると、再試行は行われません。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue, ByPropertyName)" position="named" aliases=""><maml:name>ServerInstance</maml:name><maml:description><maml:para>このパラメーターは、操作の対象となる SQL Server のインスタンスの名前を指定します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String[]</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="3" aliases=""><maml:name>SqlCredential</maml:name><maml:description><maml:para>"混合モード" 認証が有効な場合に SQL Server のターゲット インスタンスで作成される管理者資格情報です。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">PSCredential</command:parameterValue><dev:type><maml:name>PSCredential</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description><maml:para></maml:para></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>PS C:\&gt;CD SQLSERVER:\SQL\Computer\Instance;
Set-SqlAuthenticationMode -Credential $credential  Integrated -ForceServiceRestart  -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>このコマンドは、サーバー インスタンス "Computer\Instance" での認証モードを "Integrated" に構成します。現在の作業ディレクトリを使用して、操作が実行されるサーバー インスタンスを確認します。SQL Server サービスは、ユーザーに問い合わせることなく自動的に再起動されます。対象コンピューターの自己署名証明書は、ユーザーに問い合わせることなく自動的に受け入れられます。</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title></maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>This command retrieves all instances of SQL Server on the machine ‘MachineName’ and configures the authentication mode to ‘Mixed’, with the provided SQL credentials for each one of them. The SQL Server service will not be restarted automatically. The self-signed certificate of the target machine will be automatically accepted without prompting the user.
PS C:\&gt;Get-SqlInstance -Credential $credential -MachineName "MachineName" | Set-SqlAuthenticationMode -Credential $credential -Mode Mixed -SqlCredential $sqlCredential -NoServiceRestart  -AcceptSelfSignedCertificate;
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para></maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText>Online Version:</maml:linkText><maml:uri></maml:uri></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Set-SqlAvailabilityGroup</command:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットは、既存の可用性グループの設定を変更します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Set</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroup</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Set-SqlAvailabilityGroup コマンドレットは、既存の可用性グループの AutomatedBackupPreference、FailureConditionLevel、および HealthCheckTimeout 設定を変更します。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: プライマリ レプリカの場所に関係なく、プライマリ レプリカでのみバックアップを実行するように指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでのミリ秒単位の時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityGroup</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>変更する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: プライマリ レプリカの場所に関係なく、プライマリ レプリカでのみバックアップを実行するように指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでのミリ秒単位の時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AutomatedBackupPreference</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動バックアップ設定です。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>Primary: プライマリ レプリカの場所に関係なく、プライマリ レプリカでのみバックアップを実行するように指定します。セカンダリ上でバックアップを実行する際にはユーザーが使用できない機能 (差分バックアップなど) が必要であるため、このオプションがよく使用されます。
</maml:para><maml:para>SecondaryOnly: プライマリ レプリカではバックアップが実行されないように指定します。オンラインのレプリカがプライマリ レプリカだけの場合、バックアップは実行されません。
</maml:para><maml:para>Secondary: オンラインのレプリカがプライマリ レプリカのみである場合を除き、セカンダリ レプリカでバックアップを実行することを指定します。その後、プライマリ レプリカでバックアップが実行されます。
</maml:para><maml:para>None: ユーザーがバックアップを実行するレプリカを選択するときにプライマリ/セカンダリ状態を考慮しないことを指定します。BackupPriority とオンライン/接続状態のみが考慮されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityGroupAutomatedBackupPreference</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailureConditionLevel</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループの自動フェールオーバー動作を決定します。有効なオプションを次に示します。
</maml:para><maml:para>OnServerDown: SQL Server サービスが停止したときにフェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnServerUnresponsive: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ SQL Server サービスがクラスターに接続されている状態で "HealthCheckTimeout" しきい値を超えたとき、または現在プライマリ ロールの可用性レプリカがエラー状態のときに、フェールオーバーまたは再起動します (HealthCheckTimeout パラメーターの説明を参照してください)。
</maml:para><maml:para>OnCriticalServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ重大な内部サーバー エラー (メモリ不足、重大な書き込みアクセス違反、ダンプ過多など) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnModerateServerError: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ中程度のサーバー エラー (永続的なメモリ不足の状態) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para><maml:para>OnAnyQualifiedFailureConditions: いずれかの下限値の条件が満たされ、かつ対象のエラー条件 (エンジン ワーカー スレッドの枯渇、解決不可能なデッドロックの検出) が発生したときに、フェールオーバーまたは再起動します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityGroupFailureConditionLevel</command:parameterValue><dev:type><maml:name>AvailabilityGroupFailureConditionLevel</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>HealthCheckTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>応答しないサーバーを異常と見なすまでのミリ秒単位の時間です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>変更する可用性グループの AvailabilityGroup オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">T</command:parameterValue><dev:type><maml:name>T</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAG -HealthCheckTimeout 120000
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の HealhCheckTimeout プロパティを 120,000 ミリ秒 (2 分) に設定します。自動フェールオーバーが有効になっているときにプライマリ サーバーがこの時間応答しないと、自動フェールオーバーが開始されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg -AutomatedBackupPreference SecondaryOnly
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の AutomatedBackupPreference プロパティを "SecondaryOnly" に設定します。この可用性グループ内のデータベースの自動バックアップはプライマリ レプリカでは行われませんが、バックアップの優先度が最も高いセカンダリ レプリカにリダイレクトされます (可用性レプリカの BackupPriority プロパティの説明を参照してください)。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 3 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-SqlAvailabilityGroup -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg -FailureConditionLevel OnServerDown
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、可用性グループ "MyAg" の FailureConditionLevel プロパティを "OnServerDown" に設定します。この設定により、自動フェールオーバーが有効になっているときにプライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスがオフラインになると、自動フェールオーバーが開始されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Set-SqlAvailabilityGroupListener</command:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットは、既存の可用性グループ リスナーのポート設定を変更します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Set</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityGroupListener</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Set-SqlAvailabilityGroupListener コマンドレットは、既存の可用性グループ リスナーのポート設定を変更します。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityGroupListener</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityGroupListener</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>変更するリスナーの SMO AvailabilityGroupListener オブジェクトです。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem></command:syntax><command:parameters><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>変更するリスナーの SMO AvailabilityGroupListener オブジェクトです。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">T</command:parameterValue><dev:type><maml:name>T</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性グループのリスナーへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue><dev:type><maml:name>String</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Port</maml:name><maml:description><maml:para>リスナーが接続をリッスンするために使用する TCP ポートです。既定のポートは TCP ポート 1433 です。セキュリティ上の問題がある場合は、別のポート番号を使用することをお勧めします。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue><dev:type><maml:name>Int32</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>1433</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue></dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="false" variableLength="false">SwitchParameter</command:parameterValue><dev:type><maml:name>SwitchParameter</maml:name><maml:uri /></dev:type><dev:defaultValue>false</dev:defaultValue></command:parameter></command:parameters><command:inputTypes><command:inputType><dev:type><maml:name>Microsoft.SqlServer.Management.Smo.AvailabilityGroupListener</maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:inputType></command:inputTypes><command:returnValues><command:returnValue><dev:type><maml:name></maml:name><maml:uri></maml:uri><maml:description><maml:para /></maml:description></dev:type><maml:description></maml:description></command:returnValue></command:returnValues><command:terminatingErrors /><command:nonTerminatingErrors /><command:examples><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 1 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-SqlAvailabilityGroupListener -Port 1535 -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityGroupListeners\MyListener
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"MyListener" という名前の可用性グループ リスナーのポート番号を 1535 に設定します。このポートは、リスナーへの接続をリッスンするために使用されます。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example><command:example><maml:title>
 
 
 
                -------------------------- EXAMPLE 2 --------------------------
 
 
 
            </maml:title><maml:introduction><maml:para></maml:para></maml:introduction><dev:code>C:\PS&gt;Set-SqlAvailabilityGroupListener -Port 1535 -Script -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityGroupListeners\MyListener
 
 
</dev:code><dev:remarks><maml:para>説明
</maml:para><maml:para>-----------
</maml:para><maml:para>このコマンドは、"MyListener" という名前の可用性グループ リスナーのポート番号を 1535 に設定する Transact-SQL スクリプトを生成します。このコマンドでポート番号が実際に変更されるわけではありません。
</maml:para></dev:remarks><command:commandLines><command:commandLine><command:commandText /></command:commandLine></command:commandLines></command:example></command:examples><maml:relatedLinks><maml:navigationLink><maml:linkText></maml:linkText><maml:uri /></maml:navigationLink></maml:relatedLinks></command:command><command:command xmlns:maml="http://schemas.microsoft.com/maml/2004/10" xmlns:command="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/command/2004/10" xmlns:dev="http://schemas.microsoft.com/maml/dev/2004/10" xmlns:MSHelp="http://msdn.microsoft.com/mshelp"><command:details><command:name>Set-SqlAvailabilityReplica</command:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットは、既存の可用性レプリカの設定を変更します。</maml:para></maml:description><maml:copyright><maml:para /></maml:copyright><command:verb>Set</command:verb><command:noun>SqlAvailabilityReplica</command:noun><dev:version /></command:details><maml:description><maml:para>Set-SqlAvailabilityReplica コマンドレットは、可用性レプリカの各種プロパティを設定または変更します。このコマンドレットは、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでのみ実行できます。
</maml:para></maml:description><command:syntax><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="2" aliases=""><maml:name>Path</maml:name><maml:description><maml:para>可用性レプリカへのパスです。これは省略可能なパラメーターです。このパラメーターの値を指定しない場合、既定では、現在の場所に設定されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカの可用性モードです。オプションは SynchronousCommit または AsynchronousCommit です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>TCP://System-address:port 形式で表した、エンドポイントの URL です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカのフェールオーバー モードです。オプションは Manual または Automatic です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>WhatIf</maml:name><maml:description><maml:para>実際にコマンドレットを実行することなく、コマンドレットを実行した場合に行われる処理を説明します。</maml:para></maml:description></command:parameter></command:syntaxItem><command:syntaxItem><maml:name>Set-SqlAvailabilityReplica</maml:name><command:parameter required="true" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="True (ByValue)" position="2" aliases=""><maml:name>InputObject</maml:name><maml:description><maml:para>変更するレプリカの AvailabilityReplica オブジェクトです。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>AvailabilityMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカの可用性モードです。オプションは SynchronousCommit または AsynchronousCommit です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaAvailabilityMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>BackupPriority</maml:name><maml:description><maml:para>0 ~ 100 の範囲の整数を使用して、バックアップを実行するときのレプリカの優先度を指定します。使用可能なオンラインのレプリカのセットのうち、最も高い優先度を持つレプリカがバックアップの対象として選択されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInPrimaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowReadWriteConnections: 読み取り/書き込み接続を許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInPrimaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ConnectionModeInSecondaryRole</maml:name><maml:description><maml:para>セカンダリ ロールの可用性レプリカが接続をどのように処理するかを表します。有効な設定を次に示します。
</maml:para><maml:para>AllowNoConnections: 接続を許可しません。
</maml:para><maml:para>AllowReadIntentConnectionsOnly: 読み取りを目的とした接続のみを許可します。
</maml:para><maml:para>AllowAllConnections: すべての接続を許可します。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaConnectionModeInSecondaryRole</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>EndpointUrl</maml:name><maml:description><maml:para>TCP://System-address:port 形式で表した、エンドポイントの URL です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>FailoverMode</maml:name><maml:description><maml:para>レプリカのフェールオーバー モードです。オプションは Manual または Automatic です。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">AvailabilityReplicaFailoverMode</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadonlyRoutingConnectionUrl</maml:name><maml:description><maml:para>読み取り専用接続のためにレプリカにルーティングするときに使用する、接続の完全修飾ドメイン名 (FQDN) およびポートです。例:
</maml:para><maml:para>TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">String</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>ReadOnlyRoutingList</maml:name><maml:description><maml:para>この可用性レプリカを介して読み取り専用接続をリダイレクトするときに、接続ディレクターで使用されるプローブ シーケンスを表す、レプリカ サーバー名の順序付きリストです。これは、可用性レプリカが可用性グループの現在のプライマリのときにのみ適用されます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="true">String[]</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>Script</maml:name><maml:description><maml:para>このコマンドレットで実行されるタスクを実行する Transact-SQL スクリプトを出力します。
</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="false" globbing="false" pipelineInput="false" position="named" aliases=""><maml:name>SessionTimeout</maml:name><maml:description><maml:para>プライマリ レプリカとこのレプリカとの間の応答を待機する秒数です。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。
</maml:para></maml:description><command:parameterValue required="true" variableLength="false">Int32</command:parameterValue></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" globbing="false" pipelineInput="false" position="named"><maml:name>Confirm</maml:name><maml:description><maml:para>コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。</maml:para></maml:description></command:parameter><command:parameter required="false" variableLength="true" g