code-page.psd1

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
#
# モジュール 'code-page' のモジュール マニフェスト
#
# 生成者: 岡本和樹
#
# 生成日: 2020/07/05
#

@{

# このマニフェストに関連付けられているスクリプト モジュール ファイルまたはバイナリ モジュール ファイル。
RootModule = 'code-page.psm1'

# このモジュールのバージョン番号です。
ModuleVersion = '1.1'

# サポートされている PSEditions
# CompatiblePSEditions = @()

# このモジュールを一意に識別するために使用される ID
GUID = '62fcbc27-840c-460c-8ecf-0a2140c057e5'

# このモジュールの作成者
Author = 'Kazuki Okamoto (岡本和樹)'

# このモジュールの会社またはベンダー
# CompanyName = ''

# このモジュールの著作権情報
Copyright = '2020 Kazuki Okamoto (岡本和樹)'

# このモジュールの機能の説明
Description = 'Set code page'

# このモジュールに必要な Windows PowerShell エンジンの最小バージョン
PowerShellVersion = '3.0'

# このモジュールに必要な Windows PowerShell ホストの名前
# PowerShellHostName = ''

# このモジュールに必要な Windows PowerShell ホストの最小バージョン
# PowerShellHostVersion = ''

# このモジュールに必要な Microsoft .NET Framework の最小バージョン。 この前提条件は、PowerShell Desktop エディションについてのみ有効です。
# DotNetFrameworkVersion = ''

# このモジュールに必要な共通言語ランタイム (CLR) の最小バージョン。 この前提条件は、PowerShell Desktop エディションについてのみ有効です。
# CLRVersion = ''

# このモジュールに必要なプロセッサ アーキテクチャ (なし、X86、Amd64)
# ProcessorArchitecture = ''

# このモジュールをインポートする前にグローバル環境にインポートされている必要があるモジュール
RequiredModules = @()

# このモジュールをインポートする前に読み込まれている必要があるアセンブリ
# RequiredAssemblies = @()

# このモジュールをインポートする前に呼び出し元の環境で実行されるスクリプト ファイル (.ps1)。
# ScriptsToProcess = @()

# このモジュールをインポートするときに読み込まれる型ファイル (.ps1xml)
# TypesToProcess = @()

# このモジュールをインポートするときに読み込まれる書式ファイル (.ps1xml)
# FormatsToProcess = @()

# RootModule/ModuleToProcess に指定されているモジュールの入れ子になったモジュールとしてインポートするモジュール
NestedModules = @()

# このモジュールからエクスポートする関数です。最適なパフォーマンスを得るには、ワイルドカードを使用せず、エクスポートする関数がない場合は、エントリを削除しないで空の配列を使用してください。
FunctionsToExport = @('Set-CodePage', 'Show-CodePages')

# このモジュールからエクスポートするコマンドレットです。最適なパフォーマンスを得るには、ワイルドカードを使用せず、エクスポートするコマンドレットがない場合は、エントリを削除しないで空の配列を使用してください。
CmdletsToExport = @()

# このモジュールからエクスポートする変数
VariablesToExport = @()

# このモジュールからエクスポートするエイリアスです。最適なパフォーマンスを得るには、ワイルドカードを使用せず、エクスポートするエイリアスがない場合は、エントリを削除しないで空の配列を使用してください。
AliasesToExport = @()

# このモジュールからエクスポートする DSC リソース
# DscResourcesToExport = @()

# このモジュールに同梱されているすべてのモジュールのリスト
# ModuleList = @()

# このモジュールに同梱されているすべてのファイルのリスト
# FileList = @()

# RootModule/ModuleToProcess に指定されているモジュールに渡すプライベート データ。これには、PowerShell で使用される追加のモジュール メタデータを含む PSData ハッシュテーブルが含まれる場合もあります。
PrivateData = @{

    PSData = @{

        # このモジュールに適用されているタグ。オンライン ギャラリーでモジュールを検出する際に役立ちます。
        Tags = @('code-page', 'PSEdition_Desktop', 'PSEdition_Core', 'Windows')

        # このモジュールのライセンスの URL。
        LicenseUri = 'https://github.com/kakkun61/powershell-code-page/blob/1.1/COPYING'

        # このプロジェクトのメイン Web サイトの URL。
        ProjectUri = 'https://github.com/kakkun61/powershell-code-page'

        # このモジュールを表すアイコンの URL。
        # IconUri = ''

        # このモジュールの ReleaseNotes
        ReleaseNotes = 'https://github.com/kakkun61/powershell-code-page/blob/1.1/ChangeLog.md'

        ExternalModuleDependencies = @('Microsoft.PowerShell.Utility')

    } # PSData ハッシュテーブル終了

} # PrivateData ハッシュテーブル終了

# このモジュールの HelpInfo URI
# HelpInfoURI = ''

# このモジュールからエクスポートされたコマンドの既定のプレフィックス。既定のプレフィックスをオーバーライドする場合は、Import-Module -Prefix を使用します。
# DefaultCommandPrefix = ''

}